著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1991-08
出版物タイトル 環境病態研報告
62巻
資料タイプ その他
著者 保田 立二|
発行日 1991-08
出版物タイトル 環境病態研報告
62巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1991-08
出版物タイトル 環境病態研報告
62巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1991-08
出版物タイトル 環境病態研報告
62巻
資料タイプ その他
著者 三朝分院看護部|
発行日 1991-08
出版物タイトル 環境病態研報告
62巻
資料タイプ その他
著者 田熊 正栄| 増井 悦子| 林本 加奈枝| 浅海 昇| 立花 英夫| 越智 浩二| 原田 英雄|
発行日 1991-08
出版物タイトル 環境病態研報告
62巻
資料タイプ その他
JaLCDOI 10.18926/15167
タイトル(別表記) A case of rheumatoid arthritis with hypoproteinemia probably induced by diseasemodifying antirheumatic drug, D-Penicillamine
フルテキストURL 062_080_083.pdf
著者 貴谷 光| 光延 文裕| 三舩 尚志| 岡崎 守宏| 谷崎 勝朗|
抄録 症例は52歳女性で,慢性関節リウマチ(RA)はclassical,stageIV, class 2であった。症状は進行性で加療を行うも改善がみられなかった。平成元年11月RA症状の増悪のための再入院後,Penicillamine 100~200 mg,Sulfasalazine 500mgを合せて投与を行ったところ,血沈,CRP等の検査所見は改善傾向を示したが入院時には正常値であった血清蛋白量がその後5.1g/dlまで低下し,下肢浮腫が出現,その後さらに血清蛋白量は4.1g/dlにまで減少した。治療により蛋白量は5.8g/dlにまで回復したが,低蛋白血症の原因としてはD-Penicillamineの関与が疑われた。
抄録(別表記) A patient with classical rheumatoid arthritis was treated with D-Penicillamine and other drugs. In the course of treatment, the episodes of hypoproteinemia were found twice. The first hypoproteinemia was improved almostly by supportive therapy and withdrawl of administration of medicines, including D-Penicillamine. The second hypoproteinemia was severe and resistant to the treatment. It was suggested that the agent eliciting hypoproteinemia in this case might be D-Penicillamine.
キーワード 慢性関節リウマチ (Rheumatoid arthritis) 低蛋白血症 (Hypoproteinemia) D-ペニシラミン (D-Penicittamine) 抗リウマチ剤 (Disease-modifying antirheumatic drug)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 80
終了ページ 83
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307840
JaLCDOI 10.18926/15097
タイトル(別表記) Possible participation of viral infection in the onset mechanisms of bronchial asthma
フルテキストURL 062_076_079.pdf
著者 御舩 尚志| 光延 文裕| 岡崎 守宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗|
抄録 ウイルスなどの気道感染により,気管支喘息症状が発症したり,あるいは増悪したりすることが知られている。自験例は65歳の女性で,上気道炎症状に引き続いて,気管支喘息が発症した。臨床症状の軽快とともに気道過敏性・IgE値は低下し,感染による気道過敏性の亢進,IgE型アレルギー反応の機序が関与していると考えられた。これらの結果は喘息患者は気道感染(特にウイルス感染)の予防が必要であり,感染した場合には抗喘息剤とともに抗炎症剤の使用が有用である可能性を示している。
抄録(別表記) It is well known that respiratory infection induces asthma attacks. In this paper one case showing possible participation of viral infection in the onset mechanisms of bronchial asthma was reported. A 65-year-old woman was admitted to Misasa Hospital because of moderate asthma attacks. The attacks appeared after upper respiratory infection. Bronchial hyperactivity were increased when she admitted at the hospital, and decreased with the improvement of the asthma symptoms. It is suggested from her clinical course that repiratory infection (especially by virus) may affect the bronchial hyperactivity and IgE synthesis.
キーワード 気道感染 (Respiratory infection, Virus infection) 気道過敏性 (Bronchial hypersensitivity) lgEアレルギー反応 (Allergic reaction mediated by IgE)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 76
終了ページ 79
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307679
JaLCDOI 10.18926/15065
タイトル(別表記) The biochemical and biological activities of JUN.
フルテキストURL 062_071_075.pdf
著者 光延 文裕| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 浅海 昇| 谷崎 勝朗|
抄録 c-junはニワトリの癌ウイルスから分離された癌遺伝子(v-jun)のproto-oncogeneであり,その遺伝子産物は細胞内転写促進因子AP-1の主成分である。v-jun,c-junのトランスフォーム能を検討するために,我々はv-jun,ニワトリc-jun遺伝子さらにJUN遺伝子の種々の組換え体を複製能を持つレトロウイルスベクター(RCAS)に挿入し,CEF細胞(ニワトリ胎児線維芽細胞)にトランスフェクションした。その結果4か所存在する両者の構造的相違のうち,アミノ末端近くの27アミノ酸の欠損と3' untranslated regionの欠損が十分なトランスフォーム能と転写促進能発現に必須であることが明らかとなった。これらの部分がどのように機能発現に関与しているかは,これからの研究を待たねばならない。
抄録(別表記) V-jun is the oncogene which was isolated from the avian transforming virus ASV17. C-jun is the proto-oncogene of v-jun. The product of the proto-oncogene, c-jun, is a major component of the AP-1 transcription complex. AP-1 regulates the transcription of several genes through its ability to bind specifically to the sequence TGACTCA and variations of this motif. In order to assess the transforming capability of c-jun protein, we have introduced v-jun, the chicken c-jun proto-oncogene and several mutants into a replication competent avian retroviral expression vector (RCAS). Each of those was expressed in CEF and assayed for transformation by focus formation. Analysis of the results reveals that deletion of a region of 27 amino acids near the amino terminus of c-jun and deletion of 3' untranslated sequences are critical in activating the full oncogenic potential of jun.
キーワード 癌遺伝子 (Oncogene) JUN遺伝子 (JUN gene) レトロウイルスベクター (Retrovirus Vector) トランスフェクション (Transfection) トランスフォーム (Transform)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 71
終了ページ 75
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307874
JaLCDOI 10.18926/15041
タイトル(別表記) Alcohol-induced pancreatitis
フルテキストURL 062_052_070.pdf
著者 原田 英雄| 田中 淳太郎| 越智 浩二| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 出石 通博| 谷崎 勝朗|
抄録 膵炎のうちもっとも頻度が高いアルコール性膵炎(AIP)の疫学,臨床像および発生機序に関する従来の知見を総括した。AIPの大多数は慢性膵炎である。通常は長期にわたる多量の飲酒を背景に発症するが,遺伝的素因および食事因子も重要な役割を演じる。発症初期には血中膵酵素の上昇をともなう腹痛が病像を支配するが,進展すると膵外分泌不全による消化吸収障害と膵内分泌不全による糖尿病が病像を支配するようになる。アルコール性慢性膵炎は非アルコール性慢性膵炎にくらべて確診時にすでに進展した症例が多く,合併症が多く,進行が早く,予後が悪い。死亡の主たる原因は癌の併発と糖尿病の合併症で,膵炎の急性増悪発作がこれにつぐ。併発する癌のなかでは膵癌よりもむしろ上部気道および上部消化管の癌が多い。発生機序としてはDuctal-Plug説とToxic-Metabolic説が有力であるが,最近は細 胞内膵酵素活性化説とFree Radical説も注目をあびている。
抄録(別表記) This paper is to review the literature on the epidemiology, clinical pictures and etiopathogenesis of alcohol-induced pancreatitis (AIP). The incidence of AIP has been increasing worldwide, paralleling the increase in alcohol consumption. AIP manifests itself following a longterm consumption of large amounts of alcohol. There is no known threshold value of alcohol consumption in terms of the risk of developing AIP, although the logarithm of the risk of developing AIP is lineally correlated with the amount of alcohol intake. Why some alcoholics develop pancreatitis whereas others with equal consumption of ethanol are spared remains to be explained. Therefore, two additional factors are considered to play important roles in developing AIP : genetic predisposition and diet. The majority of AIP IS chronic pancreatitis (AICP), although a minority can be acute pancreatitis (AIAP). AIAP shows somewhat higher morbidity and mortality than the common variety of acute pancreatitis. If recovered from an attack, AIAP shows morphological and functional restoration. AICP manifests itself with an acute attack of abdominal pain, insidious onset of abdominal pam, or a pain-free variety. An acute attack in AICP resemble that m AIAP ; often these two can be differentiated only by follow-up studies. AICP shows no morphological and functional restoration, and often shows progressive deterioration. Abdominal pain with elevated serum pancreatic enzymes is a predominant clinical picture m the early stage of AICP, whereas in the late stage symptoms and signs deriving from exocrine insufficiency (maldigestion) and endocrine insufficiency (pancreatic diabetes) begin to dominate the clinical pictures. AICP is in the more advanced stage and shows more complications than nonalcoholic chronic pancreatitis at the time of diagnosis. In addition, AICP shows more rapid progress and higher morbidity and mortality. The incidence of microangiopathy in pancreatic diabetes resemble that in primary diabetes, being higher in patients with a longer history of diabetes, those on insulin treatment and those under poorer control. Main causes of death are development of cancer in the upper respiratory and gastrointestinal tract and diabetic complications (hypoglycemic shock, renal failure, and intractable pneumonia), and acute attack of pancreatitis leads to death less frequently. Ductal-Plug theory and classical Toxic-Metabolic theory are most popular to explain the pathogenesis of AIP ; however, increasing evidence has been reported that oxygen free radicals and intracellular activation of zymogens by lysosomal enzymes may be involved in the pathogenesis.
キーワード アルコール性膵炎 (Alcohol-induced pancreatitis) 慢性膵炎 急性膵炎
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 52
終了ページ 70
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307918
JaLCDOI 10.18926/14495
タイトル(別表記) New immunization procedure for production of monoclonal antibodies which recognize carbohydrate of glycoprotein
フルテキストURL 062_038_045.pdf
著者 大山 邦夫| 渡来 仁| 保田 立二|
抄録 糖タンパク質糖鎖に対するモノクローナル抗体を効率よくとるための免疫方法の検討をおこなった。抗原としては糖鎖のがん性変化のひとつであるbisecting N-acetyiglucosamine構造をもつオボムコイド(OVM)をとりあげた。OVM全分子を通常のフロインド完全アジュバントでくりかえし感作する方法では糖鎖を認識するモノクローナル抗体をとることはできなかった。またOVMをリポソームニ重膜に挿入する方法でも同様であった。これに対してOVMからプロナーゼ消化により糖ペプチドを調製し,アジュバント活性をもつリピドAを共存させたリポソームに共有結合した抗原を感作したマウスからは高率に糖鎖と反応するモノクローナル抗体をとることができた。しかしながらこれらの抗体はいずれもサブタイプはIgMであった。
抄録(別表記) New immunization method for production of monoclonal anitibodies which recognize oligosaccharide portion of glycoprotein was developed. Conventional immunization method in which glycoprotein was emulsified with Freund's complete adjuvant could not produce anti-carbohydrate monoclonal antibody. Glycopeptide which was prepared by pronase digestion of glycoprotein conjugated liposomes containing lipid A of Salmonella minnesota were revealed good antigen for prodution of anti-carbohydrate monoclonal anitibodies. By this new immunization method several monoclonal antibodies which recognize mainly carbohydrate portion of ovomucoide were established.
キーワード モノクローナル抗体 (Monoclonal antibody) 糖タンパク質 (glycoprotein) オボムコイド (ovmucoide) 酵素免疫測定法 (enzyme immunoassay) リポソーム (liposome) lipid A
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 38
終了ページ 45
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308209
JaLCDOI 10.18926/14493
タイトル(別表記) Motility of basophilic granulocytes and histaminerelease
フルテキストURL 062_047_051.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 中川 三郎| 宗田 良| 多田 慎也| 高橋 清| 木村 郁郎|
抄録 各種刺激物質添加時の好塩基球の形態的変化―運動亢進と膨化,脱顆粒―と化学伝達物質遊離との関連を中心に若干の知見をのべた。まず,抗原刺激時には,(1)運動亢進をきたし,洋梨状を示す好塩基球と膨化,脱顆粒を示す好塩基球の2種類が観察されること,(2)アトピー型喘息の好塩基球は健康人と比べて全般的に運動が抑制されていること,(3)運動亢進の状態としては,random movementとoriented movementがあり,抗原に対応した特徴的な運動亢進はoriented movementであること,(4)運動亢進と膨化,脱顆粒は,連続した一連のものではなく,それぞれ独立した過程を持っていること,などが観察されている。また,刺激物質の種類によって,好塩基球の形態的変化や化学伝達物質遊離の状態が異なることについても報告した。
抄録(別表記) Morphological changes of basophilic leucocytes from atopic asthmatics were observed in relation to histamine release after the cells were challeuged by a specific allergen, anti-IgE and Ca ionophore A 23187 . 1. Increase in motility and degranulation of basophilic granulocytes were observed after the stimulation with antigen and anti-IgE. The incidence of basophils with oriented movement was siguificantly increased at 36 min and reached the peak at 12-15 min after addition of antigen. 2. A decreased number of basophils, increased cell diameter and increased ratio of the short to long axis diameters were observed with a significant amount of histamine release after antigen and anti-IgE stimulation. 3. Compared to cell reactions to antigen and anti-IgE, Ca ionophore A 23187 stimulation showed more decreased motility and greater increase in the diameter of the cells.
キーワード 好塩基球 (Basophils) 抗原 (Antigen) 運動亢進 (lncreased motility) 脱顆粒 (Degranulation) ヒスタミン遊離 (Histamine release)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 47
終了ページ 51
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308512
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1991-08
出版物タイトル 環境病態研報告
62巻
資料タイプ その他
JaLCDOI 10.18926/11668
タイトル(別表記) カンジダ特異的IgG(4)抗体と気管支喘息
フルテキストURL 062_001_004.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 高取 明正| 奥田 博之| 原田 英雄|
抄録 Serum levels of Candida-specific IgG(4) antibodies were examined in 66 patients with bronchial asthma, relating to patient age and asthma severity. 1. The levels of Candida-specific IgG(4) antibodies were the highest in patients with 60+years of age, compared to the levels in cases with 0-39 and 40-59 years of age. 2. In cases with 40-59 years of age, the levels of Candida-specific IgG(4) were significantly higher in cases with long-term steroid therapy (severe intractable asthma) than in cases without steroid regimen. The results suggest that increased levels of Candida-specific IgG(4) were observed in relation to patient age and asthma severity.
抄録(別表記) 66例の気管支喘息症例を対象に,血清中カンジダ特異的lgG(4)抗体を測定し,その血中レベルと年齢および喘息