このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15097
JaLCDOI
Sort Key
12
タイトル(別表記)
Possible participation of viral infection in the onset mechanisms of bronchial asthma
フルテキストURL
著者
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科 Kaken ID researchmap
岡崎 守宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
ウイルスなどの気道感染により,気管支喘息症状が発症したり,あるいは増悪したりすることが知られている。自験例は65歳の女性で,上気道炎症状に引き続いて,気管支喘息が発症した。臨床症状の軽快とともに気道過敏性・IgE値は低下し,感染による気道過敏性の亢進,IgE型アレルギー反応の機序が関与していると考えられた。これらの結果は喘息患者は気道感染(特にウイルス感染)の予防が必要であり,感染した場合には抗喘息剤とともに抗炎症剤の使用が有用である可能性を示している。
抄録(別表記)
It is well known that respiratory infection induces asthma attacks. In this paper one case showing possible participation of viral infection in the onset mechanisms of bronchial asthma was reported. A 65-year-old woman was admitted to Misasa Hospital because of moderate asthma attacks. The attacks appeared after upper respiratory infection. Bronchial hyperactivity were increased when she admitted at the hospital, and decreased with the improvement of the asthma symptoms. It is suggested from her clinical course that repiratory infection (especially by virus) may affect the bronchial hyperactivity and IgE synthesis.
キーワード
気道感染 (Respiratory infection, Virus infection)
気道過敏性 (Bronchial hypersensitivity)
lgEアレルギー反応 (Allergic reaction mediated by IgE)
出版物タイトル
環境病態研報告
発行日
1991-08
62巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
76
終了ページ
79
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc