このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15065
JaLCDOI
Sort Key
11
タイトル(別表記)
The biochemical and biological activities of JUN.
フルテキストURL
著者
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科 Kaken ID researchmap
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡崎 守宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
浅海 昇 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
c-junはニワトリの癌ウイルスから分離された癌遺伝子(v-jun)のproto-oncogeneであり,その遺伝子産物は細胞内転写促進因子AP-1の主成分である。v-jun,c-junのトランスフォーム能を検討するために,我々はv-jun,ニワトリc-jun遺伝子さらにJUN遺伝子の種々の組換え体を複製能を持つレトロウイルスベクター(RCAS)に挿入し,CEF細胞(ニワトリ胎児線維芽細胞)にトランスフェクションした。その結果4か所存在する両者の構造的相違のうち,アミノ末端近くの27アミノ酸の欠損と3' untranslated regionの欠損が十分なトランスフォーム能と転写促進能発現に必須であることが明らかとなった。これらの部分がどのように機能発現に関与しているかは,これからの研究を待たねばならない。
抄録(別表記)
V-jun is the oncogene which was isolated from the avian transforming virus ASV17. C-jun is the proto-oncogene of v-jun. The product of the proto-oncogene, c-jun, is a major component of the AP-1 transcription complex. AP-1 regulates the transcription of several genes through its ability to bind specifically to the sequence TGACTCA and variations of this motif. In order to assess the transforming capability of c-jun protein, we have introduced v-jun, the chicken c-jun proto-oncogene and several mutants into a replication competent avian retroviral expression vector (RCAS). Each of those was expressed in CEF and assayed for transformation by focus formation. Analysis of the results reveals that deletion of a region of 27 amino acids near the amino terminus of c-jun and deletion of 3' untranslated sequences are critical in activating the full oncogenic potential of jun.
キーワード
癌遺伝子 (Oncogene)
JUN遺伝子 (JUN gene)
レトロウイルスベクター (Retrovirus Vector)
トランスフェクション (Transfection)
トランスフォーム (Transform)
出版物タイトル
環境病態研報告
発行日
1991-08
62巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
71
終了ページ
75
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc