著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ 一般雑誌記事
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 森永 寛|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 小田 琢三|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設,岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学医学部附属環境病態研究施設/岡山大学医学部附属病院三朝分院|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 中村 寿美江| 石湯 和子| 谷本 悦子|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
著者 山田 香須美|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ その他
JaLCDOI 10.18926/19700
著者 山田 武司|
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 108
終了ページ 111
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 井上 妙子| 谷崎 勝朗| 森永 寛|
発行日 1986-07
出版物タイトル 環境病態研報告
57巻
資料タイプ データ・データベース
JaLCDOI 10.18926/19697
タイトル(別表記) Angiography system combined with Toshiba BV-type X-TV Equipment. 2. Stereo-magnification system.
フルテキストURL 057_061_066.pdf
著者 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 松島 紀志夫|
抄録 我々は,既設の消化管診断用X線TV装置(東芝BV型)を使用した立体拡大撮影システムを検討した。1.消化管診断用X線TV装置の透視天板の高さが一定であるため,従来のフィルムチェンジャー(AOT)では不可能であったが,上下動可能なフィルムチェンジャー(福放FC-10L特)を改良試作したことで最大2倍までの立体拡大撮影が可能となった。2.透視観察から撮影へ,コンタクト撮影から拡大連続撮影,立体撮影から立体拡大連続撮影へと併用して行うことが非常に簡単にできて被検者の負担軽減と多目的使用が可能となった。3.観察条件と立体感については,拡大率を変化させて,その立体感について検討した結果は、観察距離については,各拡大率における立体視しやすい距離は存在し,拡大率が2倍の場合には,観察距離を大きくするほど立体感も増加し,立体視し易い傾向が示された。
抄録(別表記) Angiography of the head and abdominal region gives a good deal of peculiar information for the diagnosis of nature of pathological lesions. When angiography could be performed by stereo-magnification radiography, the radiography gives better information for physicians. In this article, we tried angiography by the stereomagnifying radiography system utilizing X-TV equipment for examination of digestive system. 1. To magnify film image, the film changer was modified to move up and down, because the board of TV table did not change vertically. The board of TV table was also modified to slide more widely. The modifications could make it possible to magnify the film image by two times. 2. To use the X-TV equipment brought some advantages as follows it became very easy for us to convert the X-TV system from fluoroscopy to radiography, and contact seriography was easily changed to stereo-magnification seriography.
キーワード 立体拡大撮影 (Stereo-magnification radiography) フィルム連続撮影装置 (Fiim changer) 立体感 (Stereoscopic image)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 61
終了ページ 66
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309165
JaLCDOI 10.18926/19693
タイトル(別表記) Angiography system combined with Toshiba BV type X-TV equipment. 1. Whole limb serial aort-arteriography
フルテキストURL 057_056_060.pdf
著者 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 松島 紀志夫|
抄録 消化管診断用X線TV装置の天板機能を改良し,種々のフィルムチェンジャー,X線管球を組み合わせることにより,中規模病院において,スペース,経費などの点で有利な,血管造影システムを組むことができた。第1報では,このうち,下肢連続撮影システムについて紹介する。1.透視から造影まで,迅速に移行できるシステムとなった。2.スペース,経費の点で有利である。3.濃度補償については,LS-Ⅱ増感紙と,1.0cmエッジフィルターにより,体型によらず,全下肢にわたり,十分な補償効果が得られる。4.さらに長い長尺カセッテの開発が望まれる。
抄録(別表記) A whole-limb serial aort-arteriography system constituted of BV-type X-TV and extralarge film changer was developed and used clinically. The results were as foll-ows. 1. By improving functions of the board of TV table, changes from fluoroscopy to radiography became easier in whole limb serial aort-arteriography. 2. By using LS-Ⅱ screen and 1.0cm edge filter, we could get well compensated X-ray photographs.
キーワード 全下肢連続動脈造影 (whole-limb serial aort-arteriography) 長尺フィルムチェンジャー (extra-large-film changer) X-TV台天板 (the board of TV table)  濃度補償 (compensation of density)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 56
終了ページ 60
ISSN 09133771
関連URL http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/19952
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308997
JaLCDOI 10.18926/19687
タイトル(別表記) Studies on sinter deposits of misasa radioactive hot springs (3RD report)
フルテキストURL 057_046_055.pdf
著者 御船 政明| 妹尾 敏伸|
抄録 鳥取県三朝温泉岡大源泉の配湯管内の温泉沈殿物について既に報告されているが,今回採取した黒色の温泉沈殿物について発光分析法による定性分析を行ったところ,強放射性鉱物である北投石の主成分のBaが高濃度に検出されたので,岡大源泉(飲泉)水および沈殿物中の主要成分および放射能について調査した。温泉水のpHは6.97,Rn-222濃度は190.9Bq./kgで,Mn,Fe,Baの濃度は夫々0.011,0.018,0.021(mg/kg)であり,泉質は弱放射能-ナトリウム-塩化物泉に該当した。沈殿物中の主要成分はMn,Fe,Baで,その濃度は夫々363.5,148.0,69.6mg/gであり,このBa濃度は三朝温泉の温泉沈殿物中最高の濃度であった。しかしRa-226濃度は,既報程 度の3.30×10(-8)Ci/kgであった。
抄録(別表記) The hot spring waters of Okadaisen and the sinter deposit in the distributing pipe which was used for about 20 years were investigated. The analysis of the spring waters and the sediment were mainly carried out by Spectraspan emission spectrophotometer. Radium-226 in the sinter deposit and radon-222 in the spring waters were measured by vibrating reed electrometer and liquid scintillation counter, respectively. As the results of the analysis, this spring waters were classified into weakly radioactive sodium-chloride waters. It also contained 3.73mg/kg of F and 190.9 Bq./kg of radon-222. The major components of this deposit were characterized with regard to high concentration of Mn (363.5mg/g), Fe (148.0mg/g), and Ba (69.6mg/g). Ra-226 concentration of the sinter deposits of Misasa hot springs in previous reports were 6.24×10(-12)~5.74×10(-8) (Ci/g), but its concentration in this report was 3.30×10(-8) Ci/g. It seems that a linear correlation is recognized between radium-226 and (Fe+Mn) concentrations in the sinter dedosits of Misasa hot springs.
キーワード 三朝温泉 (Misasa hot springs) 温泉沈殿物 (Thermal sinter deposits) バリウム (Barium) ラジウム (Radium) ラドン (Radon)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 46
終了ページ 55
ISSN 09133771
関連URL http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/19952
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309145
JaLCDOI 10.18926/19683
タイトル(別表記) Studies on anti-allergic actions of tranilast (Rizaben®)
フルテキストURL 057_042_045.pdf
著者 谷崎 勝朗| 駒越 春樹| 周藤 真康| 森永 寛| 大谷 純| 木村 郁郎|
抄録 抗アレルギー剤(脱顆粒抑制剤)の1つであるtranilastの肥満細胞の遊離機序に対する抑制作用について検討を加えた。1.抗原刺激時の肥満細胞の(45)Ca uptakeおよびヒスタミン遊離に対して,tranilastは有意の抑制作用を示したが,comp.48/80刺激時にはtranilastの(45)Ca uptake,ヒスタミン遊離に対する抑制作用はほとんどみられなかった。2.phosphatidylserine添加時には,(45)Ca uptakeに対するtranilastの抑制作用は減弱傾向を示し,この傾向はヒスタミン遊離に対する作用に比べより高度であった。3.抗原および抗ヒトIgEによる好塩基球からのヒスタミン遊離に対して,tranilastは明らかな抑制作用を示さなかった。
抄録(別表記) Tlanilast is clinically used for bronchial asthma as one of the prophylactic agents for asthma attacks. In this study, anti-allergic actions of tranilast were examined in (45)Ca uptake of and histamine release from target cells of IgE after stimulation with antigen, anti-IgE and camp. 48/80. 1. (45)Ca uptake of and histamine release from rat peritoneal mast cells stimulated by antigen were significantly inhibited by preincubation of the cells with tranilast. Inhibition by tranilast of increased (45)Ca uptake of mast cells by addition of phosphatidylserine were less, although inhibition of histamine release was not so affected by addition of phosphatidylserine. No significant inhibition by tranilast of (45)Ca uptake and histamine release was not observed when the cells were stimulated by camp. 48/80. 2. Tranilast showed any inhibitory effects on basophil histamine release induced by antigen and anti-IgE.
キーワード トラニラスト (tranilast) (45)Ca取り込み ((45)Ca uptake) ヒスタミン遊離 (histamine release) 肥満細胞 (mast cell) 好塩基球 (basophils)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 42
終了ページ 45
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308998
JaLCDOI 10.18926/19678
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma. Annual changes of characteristics of asthmatics admitted during the past four years.
フルテキストURL 057_037_041.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康| 駒越 春樹| 森永 寛|
抄録 1982年1月から1985年12月までの4年間に三朝分院内科へ入院し,温泉療法を受けた気管支喘息45例を対象にその年次推移を検討した。1.性別:初期2年間は男性の入院症例が多い状況であったが,後期2年間では男女比はほぼ等しかった。2.年令:年次推移はみられず,その平均年令は50±2才の間にあった。3.地域分布:初期2年間は岡山県からの入院症例が多数をしめたが,後期2年間ではむしろ鳥取県からの入院症例が増加する傾向がみられた。4.入院期間:初期2年間の平均入院期間は6.7カ月,6.5カ月とかなり長くなる傾向がみられたが,後期2年間ではそれぞれ3.0カ月,1.5カ月と明らかな短縮傾向がみられた。5.臨床病型:いずれの年度においても重症化傾向の強いⅠb型,Ⅱ型が多くみられたが,各年度間には差はみられなかった。6.ステロイド剤使用状況:年度の経過とともにその使用量は減少して いく傾向が示された。
抄録(別表記) Annual changes of characteristics, sex, area (Prefecture) of patients' coming from, term of admission, clinical classification of asthma and use of glucocorticoids, were examined in 45 patients with bronchial asthma who were admitted at Misasa Hospital, Okayama University Medical School and received spa therapy during the past four years from 1982 to 1985. In the first two years from 1982 to 1983, more patients with bronchial asthma were admitted from Okayama Prefecture, and the majority of them had severe asthma attacks and were more dependent on steroid-therapy. On the other hand, in the past two years from 1984 to 1985, number of patients with bronchial asthma from Tottori Prefecture increases, and their attacks were less severe and less dependent on steroid-therapy compared to the patients admitted during the first two years. Term of admission became shorter in the past two years than in the first two years. Any differences between the first and the past two years were not shown in sex, patient age and asthma types classified by clinical symptoms.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) 温泉療法 (spa therapy) 臨床病型 (asthma type)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 37
終了ページ 41
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309135
JaLCDOI 10.18926/19669
タイトル(別表記) Diagnosis of chronic pancreatitis
フルテキストURL 057_029_036.pdf
著者 武田 正彦| 原田 英雄| 松本 秀次| 越智 浩二| 田中 淳太郎| 吉田 光雄| 岡 浩郎| 三宅 啓文| 木村 郁郎|
抄録 近年,各種膵疾患に対する検査法の発達には目を見張るものがあるが,実際の運用にあたっては各検査法の適応,限界,組合わせおよび実施する順序等に迷うことが少なくない。本研究では,最近我々が経験した慢性膵炎Ⅰ群116例の診断過程を振り返ることにより,慢性膵炎の診断における理想的な検査法の組合わせとそれぞれの役割を検討し,同時に診断名のみならず病態と病期が容易に理解できる表現方法を提案した。画像診断法,膵外分泌機能検査法(EX),膵内分泌機能検査法(EN)を比較検討し,以下の結果を得た。①画像診断法は必須である。②内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を軸とした腹部超音波検査(US)あるいは腹部CTスキャン(CT)の組合わせは欠くことができない。③EXもまた必須の検査法である。④ENは慢性膵炎の診断に必要不可欠ではないが,治療方針を決めるうえで重要である。⑤純粋膵液(PPJ)の生化学的検査と組織化学的検査は膵炎の診断と病態生理の解明に重要である。⑥PPJ中の細胞診は慢性膵炎に合併した膵癌の検索に有用である。⑦以下に示すような診断の記載方法を提案した。"Calcified chronic pancreatitis, alcoholic, diffuse, ERCP-3, US-2, CT-3, EX-2, EN-1, Lf(+)"。
抄録(別表記) Endoscopic retrograde cholangiopancreatography (ERCP), ultrasonography (US), computed tomography (CT), exocrine pancreatic function test (EX), endocrine pancreatic function test (EN), and analysis of pure pancreatic juice (PPJ) are currently available for the investigation of pancreatic diseases. The purpose of the present study is to evaluate the roles and preferable combinations of these tests in the diagnosis of chronic pancreatitis and then to propose a way to describe the results of the tests along with diagnosis for a better understanding of the disease process. Comparative studies of imaging, EX and EN led to the following conclusions. 1) imaging procedures (ERCP, US and CT) are mandatory, partly because they were frequently the test that showed diagnostic changes and partly because they often gave key information for operative treatment. Among the imaging procedures, ERCP combined with US and/or CT is mandatory because these combinations alone can reveal detailes of structural changes attendant on chronic pancreatitis. 2) EX is also mandatory, because it was occasionally the only test that showed diagnostic changes and partly because it often gave important information for medical treatment. 3) EN is also important, not because it was indispensable for detecting chronic pancreatitis, but because it often gave important information for medical treatment. For btter understanding of the disease process as well as diagnosis, we propose, as suggested by Seligson, that the test used for the establishment of the diagnosis and the degree as well as extent of abnormalities. An example is "Calcified chronic pancreatitis, alcoholic, diffuse, ERCP-3, US-2, CT-3, EX-2, EN-1, Lf(+)". This attitude will lead to a more rational approach to both diagnosis and treatment.
キーワード 慢性膵炎 (chronic pancreatitis) 画像診断 (imaging diagnosis) PS試験 (pure pancreatic juice) 純粋膵液(PPJ) (Pancreozymin-Secretin test) 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) (endoscopic retrograde cholangiopancreatography (ERCP))
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 29
終了ページ 36
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309023