著者 岡山大学温泉研究所|
発行日 1976-03-25
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
45巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学温泉研究所|
発行日 1976-03-25
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
45巻
資料タイプ その他
著者 本間 弘次| 酒井 均|
発行日 1976-03-25
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
45巻
資料タイプ データ・データベース
著者 井上 妙子| 森永 寛|
発行日 1976-03-25
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
45巻
資料タイプ データ・データベース
JaLCDOI 10.18926/21216
タイトル(別表記) Genetic relationship between the Hiroshima and Ryoke granites as indicated by some geochemical evidence
フルテキストURL pitsr_045_033_046.pdf
著者 本間 弘次|
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
発行日 1976-03-25
45巻
開始ページ 33
終了ページ 46
ISSN 0369-7142
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002310988
JaLCDOI 10.18926/21215
タイトル(別表記) Studies on lithium in the field of balneology : Effects of lithium salts on analgesic activity of aminopyrine
フルテキストURL pitsr_045_025_031.pdf
著者 古野 勝志| 御船 政明|
抄録 The authors studied the effect of pretreatment with internal use of lithium salts on analgesic activity of aminopyrine by hot-plate test in mice. The male mice at 4 weeks of age weighting 17-19 g were divided into 7 groups. Earch group being composed of 9-10 mice was given oraBy 0.1 ml of LiCI-solution per 10 g of body weight for 35 days, LiCl was dissolved in 0.9% saline solution, in such concentrations that each group received 0 mg, 50 mg, 100mg, 200 mg and 400mg of LiCl for each kg of body weight of mouse, respectively, Control group received only 0.9% saline solution. On the 1st, 3rd, 7th, 14th, 21st, 28th and 35th days of this experiment, 0.1 ml of 1% solution of aminopyrine per 109 of body weight was injected intraperitoneaJly and then tested 30 minutes later. In the hot-plate test, a mouse is placed on a hot plate being adjusted with the thermostat at 55°±1℃, and the response is licking or lifting the hind feet or an outright attempt to escape from the plate, The increase in response time is used to quantify the analgesic effect of aminopyrine, The results were as follows : 1. The response time in groups receiving 0-50 mg of LiCl per kg of body weight had decreased on the 14 th day, but it tended to return to the initial level after the 21st day of experiment. 2. The response time in groups receiving 100-400 mg of LiCl per kg of body weight had also decreased on the 14 th day, and the degree of the decrease in response time was greater than that of the former and then remained faily constant at this level to the end of the observation period. These results would indicate that LiCl inhibits the analgesic activity of aminopyrine.
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
発行日 1976-03-25
45巻
開始ページ 25
終了ページ 31
ISSN 0369-7142
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002311002
JaLCDOI 10.18926/21214
タイトル(別表記) 斜長石から生成したギブサイトの走査電顕観察―大山および三瓶山降下地積物中の粘土鉱物,その8―
フルテキストURL pitsr_045_011_024.pdf
著者 田崎 和江|
抄録 大山降下堆積物中の斜長石のギブサイト化過程を,偏光顕微鏡,X線,示差熱分析,走査型電顕,EPMAを用いて調べた. 斜長石は風化によって,カオリナイト,イライト,ハロイサイト,ギブサイト等を生成することが知られているが,今回,ギブサイト化した斜長石についてのみ検討をおこなった. EPMA分析によれば,一個の斜長石の表面に,Al, Si, Na, Caの多く存在する新鮮な斜長石の部分と,Na, Caをほとんど含まず,多量のAlと,ごく少量のSiを含んでいるギブサイトの部分とが分布し,その境界は, 明瞭であることがわかった(図版2).それぞれの部分の分析値は第1表のとおりである. 走査型電顕による斜長石の微細形態観察から,下記のことが明らかになった. ①新鮮な斜長石の表面は,平滑かまたは離溶ラメラがみとめられる(図版3-1). ②風化過程の初期に,水を合んだ非晶質の薄層が,斜長石の表層に生成する.この非晶質薄層の生成にさき立って,斜長石の表面の一部に, ロート状のくぼみが形成される場合がある(図版3-2,3). ③この非晶質薄層に亀裂が生じる(図版4).一方, ロート状のくぼみの上にも非晶質の薄層ができ,亀裂が生じる(図版8-1,2). ④さらに風化が進むと,ラメラ, 亀裂およびロート状のくぼみを部分的に残しながら,-・部には,ギブサイトの結晶が生成する(図版5). ⑤ギブサイトの結晶は,横1~3μm, 縦2~15μm, 厚さ0.5μm前後の平板状の形態,または,直径15-25μm,厚さ0.5~1μm の円盤上の形態をもつ(図版6). ⑥ギブサイトの結晶は,平板状のものが数段重なり,集合体をなす場合もあり(図版7-1),これは,ブラジルのミナス鉱山産のギブサイトの集合状態(図版7-2)とよく似ている. すなわち,斜長石の表面に,風化により,水を含んだ非晶質の薄層ができ,次に,その薄層に亀裂が生じ,イモゴライトの生成をともないながら,直接ギブサイトが結晶すると考えられる. 地名 Okachi 大河内 Hongu 本宮 Kurayoshi 倉吉 Daisen-Cho 大山町 Shuki 秋喜 Hiruzenbara 蒜山原
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
発行日 1976-03-25
45巻
開始ページ 11
終了ページ 24
ISSN 0369-7142
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002311010
JaLCDOI 10.18926/21213
タイトル(別表記) The effect of radioactive thermal bathing upon catecholamines of the whole brain of male mice
フルテキストURL pitsr_045_007_010.pdf
著者 伊東 恵子|
抄録 The author studied the changes of catecholamine levels of the whole brain of male mice weighing 15-20g before and after a single bathing for 20 minutes, 37±1℃ in temperature, in the radioactive hot spring in Misasa (Rn content : 74.83×10(-10)C/l), and compared the results obtained with those of the plain hot water bathing. The catecholamines (dopamine and noradrenaline) were measured by gaschromatographic method using electrone capture detector. It may be summarized as follows : 1. No significant change of dopamine and noradrenaline levels of the whole brain of mice was recognized before and after the plain hot water bathing used as a control. 2. Noradrenaline levels of the whole brain of mice had increased following the radioactive hot spring bath, and remained at same levels for 30 minutes after bathing. Dopamine levels had no change immediately after bathing, but had lowered at 30 minutes from the time of the bath. 3. Causes of these results are under investigation.
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
発行日 1976-03-25
45巻
開始ページ 7
終了ページ 10
ISSN 0369-7142
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002310996
JaLCDOI 10.18926/21212
タイトル(別表記) Micromorphology of dendritic titanaugite
フルテキストURL pitsr_045_001_006.pdf
著者 田崎 耕市|
抄録 Dendritic titanaugite in ultrabasic picrite basalt from the Mineoka tectonic belt, Boso peninsula shows two contrastive morphology such as ; 1) ferny type and 2) skeletal type. Scanning electron microscopic observation reveals that there are three types of morphology as follows; 1) the cluster of needle crystals (Plate I-2, 3), 2) the pile of rail or fence like crystals (Plate II), 3) the stepped crystals (Plate III). The needle crystals have the cross section of distorted ellipsoid with 2 to 5μm in long diameter. The skeletal type morphology is ascribed to the cross section of the pile of rail or fence like crystals. The ferny type morphology comprises the clusters of needle and rail or fence like crystals.
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
発行日 1976-03-25
45巻
開始ページ 1
終了ページ 6
ISSN 0369-7142
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002310955
著者 岡山大学温泉研究所|
発行日 1976-03-25
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
45巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学温泉研究所|
発行日 1976-03-25
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
45巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学温泉研究所|
発行日 1976-03-25
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
45巻
資料タイプ その他