このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14408
Eprint ID
14408
フルテキストURL
タイトル(別表記)
The consciousness of the students for the snowboarding class of the general education of university
著者
山口 立雄 岡山大学教育学部
抄録
本研究は、スノーボード集中講義の履修希望学生および受講生を対象に、スノーボード授業に対する意識を調査したものである。授業実施前と実施後にアンケートを実施した結果、学生の意識が以下の如く明らかになった。即ち、受講の動機としては以前から体験を望んでおり、授業にはスキルの向上や知識の獲得を期待していた。実習期間としては2泊3日、実習地には近くを望んでいる。約4万円の費用は半数以上が妥当とみなしている。本集中講義の総合的評価は高かった。
抄録(別表記)
This study investigated the consciousness of the student for the snowboarding intensive lecture. The questionnaire was performed in the beginning and end of the intensive lecture. By it, the consciousness of the student became clear as follows. The students always longed to snowboard. And they wished a skill improving by a class and they want to get knowledge about the snowboarding. They judged that it was appropriate to do a class for three days. The students wished they took a class in a slope nearly. More than their half thought that it was proper to need about 40,000 yen expense. Their general evaluation for this intensive lecture was high.
キーワード
スノーボード (Snowboarding)
体育実技授業 (Athletics class)
集中講義 (Intensive lecture)
アンケート (Questionnaire)
発行日
2008-03-10
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
8巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
109
終了ページ
116
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc