このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20006
Eprint ID
20006
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A consideration about student awareness of practical teaching skills in teaching practice
著者
山﨑 光洋 岡山大学
抄録
岡山大学教育学部では,実践的指導力を身に付けた教員養成を目的とした「教員養成コア・カリキュラム」に取り組んでいる。また,それぞれの学生が身に付けた実践的指導力について自己評価できるよう「教職実践ポートフォリオ」を作成し,試行を始めている。今回,「教職実践ポートフォリオ」の自己評価の指標と関連させて,実践的指導力を獲得,あるいは発揮できる場である教育実習(主免実習)を通して,学生が自らの教育実践力がどのように変化したと考えているのかを調査した。本稿では,その結果を基に,教育実習(主免実習)における学生の教育実践力についての意識を考察する。
抄録(別表記)
The Faculty of Education in Okayama University is developing a "Teacher training core curriculum" to foster teachers with practical teaching skills and commencing trials of "Teaching practice portfolios" for students to evaluate themselves on practical teaching skills they acquired. A survey was carried out to clarify the changes in practical teaching skills of the students through gaining and demonstrating practical teaching skills in teaching practice in relation to the indications of self-evaluation in "Teaching practice portfolios". This research considers student awareness of practical teaching skills in teaching practice on the basis of the results.
キーワード
教育実習 (teaching practice)
実践的指導力 (practical teaching skills)
ポートフォリオ (teaching practice portfolio)
教員養成 (teacher education)
発行日
2010-03-10
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
10巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
81
終了ページ
86
ISSN
1346-3705
NCID
AA12457417
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
著作権者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc