このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14130
Eprint ID
14130
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Determination of anionic surfactants using newly synthesized n-dialkyl-2,2'-thiacyanine dyes
著者
後藤 晃範 岡山大学理学部
大島 光子 岡山大学理学部
高柳 俊夫 岡山大学理学部
本水 昌二 岡山大学理学部
抄録
For the spectrophotometric determination of anionic surfactants in aqueous media, cationic dyes with a 2,2'-thiacyanine skeleton were newly synthesized. Carbon numbers of 4 and 6 in the n-dialkyl chain combined at the N position of 2,2'-thiacyanine are new compounds. Fundamental information, such as the (p)K(a) values, was obtained. These two compounds and purchased diethyl- and dipropyl-2,2'-thiacyanine were examined for the spectrophotometric determination of an anionic surfactant, DBS. Of these, 3,3'-dihexyl-2,2'-thiacyanine (DHT) showed the best sensitivity. The calibration graph for DBS with DHT was linear up to 1×10(−5) M, and the detection limit was 4×10(−7) M. By a hydrophobic interaction, even a cationic surfactant, Zephiramine, and a nonionic surfactant, Triton X-100, could react with DHT. The ion-association constants for these surfactants with DHT were obtained.
抄録(別表記)
水溶液一相系でイオン会合反応を利用する陰イオン界面活性剤直接定量のための陽イオン性染料を新規に合成した.基本骨格はシアニンとし,二つのNに炭素数の異なるn -アルキル鎖を導入した四級塩染料を合成した.アルキル鎖の炭素数4と6のものは新規合成化合物であり,(p)K(a)を求めた.炭素数2と3の市販品と合成した陽イオン試薬を用い,吸光光度法により陰イオン界面活性剤(DBS)との最適反応条件を検討した.3,3'-ジヘキシル-2,2'-チアシアニン(DHT,C6の試薬)を用いて,10(-6) MオーダーのDBSを定量することができ,検出下限は4×10(-7) Mであった.また,疎水性相互作用により,非イオン性界面活性剤,陽イオン界面活性剤とも反応することが分かり,DHTとのイオン会合定数を求めた.
キーワード
n-dialkyl-2,2'-thiacyanine dyes
surfactants
ion association
spectrophotometry
発行日
2004-12-24
出版物タイトル
分析化学
出版物タイトル(別表記)
Bunseki Kagaku
53巻
9号
出版者
日本分析化学会
出版者(別表記)
The Japan Society for Analytical Chemistry
開始ページ
919
終了ページ
923
ISSN
0525-1931
NCID
AN00222633
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
著作権者
日本分析化学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI