このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14965
JaLCDOI
Sort Key
13
タイトル(別表記)
膵癌における癌遺伝子および癌抑制遺伝子
フルテキストURL
著者
越智 浩二 岡山大学医学部臨床検査医学
松村 直樹 岡山大学医学部臨床検査医学
一村 光子 岡山大学医学部臨床検査医学
水島 孝明 岡山大学医学部臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学医学部臨床検査医学
蓮岡 英明 勝山病院
横山 元浩 岡山赤十字病院
鶴見 哲也 岡山赤十字病院
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院 Kaken ID researchmap
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院
抄録
Recent advances in molecular biology have revealed that a number of oncogenes (K-ras, erbB-2, and Met) and tumor suppressor genes (p53, p16, APC, and DCC) contribute to the development of pancreatic cancer. This paper reviewed the present knowledge of oncogenes and tumor suppressor genes relevant to pancreatic cancer. Further studies on molecular alterations in pancreatic cancer may lead to a better understanding of tumor biology, offering a possibility of development of new diagnostic and therapeutic approaches in the future.
抄録(別表記)
膵癌の予後は惨憺たるものである。一方で,最近の分子生物学の分野での研究の進歩により,遺伝子レベルでの異常が膵癌では数多く存在することも明らかになってきた。膵癌の予後を改善するために,発展が期待される膵癌における遺伝子診断や遺伝子治療に向けて現在までの膵癌で明らかになった癌遺伝子(k-ras,erbB-2,Met),癌抑制遺伝子(p53,p16,APC,DDC)について,概説した。
キーワード
Pancreatic cancer
oncogene
tumor suppressor gene
genetic mutation
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
1998-12
69巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
82
終了ページ
87
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
English
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc