このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14955
JaLCDOI
Sort Key
5
タイトル(別表記)
気管支喘息患者における努力肺活量(% FVC)の低下と気道炎症ならびに臨床病型との関連
フルテキストURL
著者
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科 Kaken ID researchmap
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
横田 聡 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
越智 浩二 岡山大学医学部臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学医学部臨床検査医学
抄録
Clinical features of asthmatics with a low % FVC (<80%) were studied in relation to airway inflammation and clinical asthma types. 1. Twenty four (75.0%) of the 32 subjects with a low % FVC had steroid-dependent intractable asthma. 2. A significant association between % FVC value and clinical asthma type was found. The value of % FVC was significantly lower in subjects with type II asthma (bronchiolar obstruction), in which significantly decreased proportion of lymphocytes,and significantly increased proportion of neutrophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid were observed, than in those with type la-1 (simple bronchoconstriction) with (P<0.001) and without glucocorticoid therapy (P<0.02). 3. The % FVC value was significantly improved after treatment in type lb (hypersecretion) with BAL eosinophilia, but not in those with type II with BAL neutrophilia. These results demonstrate that marked decrease of % FVC in patients with asthma correlated with airway inflammation, and that airway reversibility by medication is very low in patients with type II asthma.
抄録(別表記)
努力肺活量(% FVC)低値を示す気管支喘息の臨床病態を明らかにするために気道炎症ならびに臨床病型との関連について検討を行った。% FVCが80%未満の気管支喘息患者32名を対象として,スパイロメトリー,気管支肺胞洗浄(BAL)を施行し,臨床病態を解析し,治療効果の評価を行なった。1.対象中24名(75%)の患者がステロイド依存性重症難治性喘息であった。2.細気管支閉塞型喘息患者において,% FVC値の有意の低下が認められ,BAL液中のリンパ球の減少と好中球の増加が認められた。3.FVC値,FEV1.0億の治療による改善は,BAL液中好酸球の増加を示す過分泌型喘息においては認められが,BAL液中好中球の増加を示す細気管支閉塞型喘息においては認められなかった。 以上より喘息患者における% FVC値の低下は気道炎症と関連しており,細気管支閉塞型喘息における治療による可逆性は著しく低下していることが示唆された。
キーワード
ventilatory function
FEV1.0
bronchoalveolar lavage
bronchial reversibility
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
1998-12
69巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
28
終了ページ
34
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
English
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc