このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14950
JaLCDOI
Sort Key
1
タイトル(別表記)
Clinical significance of spa therapy in the treatmentof patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). A study on 511 patients with COPD admitted for last 5 years
フルテキストURL
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科 Kaken ID researchmap
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
原田 誠之 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
湯本 英一郎 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
高田 真吾 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
越智 浩二 岡山大学医学部臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学医学部臨床検査医学
抄録
1993年1月より1997年12月までの5ヵ年間に当院へ入院した慢性閉塞性呼吸器疾患511例を対象に,疾患の種類,年齢,地域分布などについて検討を加えた。1.最近5年間に当院へ入院した呼吸器疾患患者は594例で,このうち,慢性閉塞性呼吸器疾患患者は511例(86.0%)であった。これらの慢性閉塞性呼吸器疾患のなかでは,気管支喘息が416例(81.4%)と最も多く,その他.慢性気管支炎20例,閉塞性細気管支炎27例,肺気腫48例であった。2.慢性閉塞性呼吸器疾患のなかでは,肺気腫の症例が増加する傾向が見られた。3.慢性閉塞性呼吸器疾患の年齢別検討では,鳥取県内では,70才以上の症例が,また遠隔地(鳥取県外)では60-69才の症例の頻度が高い傾向が見られた。4.入院患者の地域分布では,鳥取県内からの入院患者に比べ,遠隔地(鳥取県外)からの入院患者が比較的多く,その比率は1997年度で48.4%であった。また,その分布別検討では,岡山県,兵庫県,大阪府,広島県,山口県,愛媛県からの入院患者が多い傾向が見られた。
抄録(別表記)
The kind of respiratory disease, age, and areas where patients came from were analyzed in 511 patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD) admitted at Misasa Medical Branch for last 5 years from 1993 to 1997. 1.For the last 5 years 594 patients with respiratory diseases were admitted at Misasa Medical Branch. Of these patients 511 (86.0%) were those with COPD. Of the 511, 416 (81.4%) were patients with asthma, 20 with chronic bronchitis, 27 with obstructive bronchiolitis, and 48 with pulmonary emphysema. 2.The number of patients with pulmonary emphysema showed a tendency to increase in recent years. 3.Regarding the distribution of age of these patients, the number of patients over the age of 60 was larger than the number of patients under the age of 59:patients between the ages of 60 and 69 were more frequently observed in those coming from distant area (outside Tottori prefecture), and those over the age of 70 in those coming from Tottori prefecture. 4. The number of patients from distant areas (outside Tottori prefecture) was considerably larger (48.4% in 1997) compared to the number of patients from Tottori prefecture. The number of patients from Okayama, Hyogo, Osaka, Hiroshima, Yamaguchi and Ehime was predominantly larger than the number of patients from other distant areas.
キーワード
慢性閉塞性呼吸器疾患 (COPD)
気管支喘息 (bronchial asthma)
温泉療法 (spa therapy)
高齢患者 (aged patients)
遠隔地 (distant area)
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
1998-12
69巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
1
終了ページ
8
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc