このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14835
Eprint ID
14835
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息における気管支肺胞洗浄液中の細胞成分に対する加齢および副腎皮質ホルモンの影響
著者
光延 文裕 岡山大学医学部付属病院三朝分院
保崎 泰弘 岡山大学医学部付属病院三朝分院
芦田 耕三 岡山大学医学部付属病院三朝分院
柘野 浩史 岡山大学医学部付属病院三朝分院
岡本 誠 岡山大学医学部付属病院三朝分院
西田 典教 岡山大学医学部付属病院三朝分院
高田 真吾 岡山大学医学部付属病院三朝分院
横井 正 岡山大学医学部付属病院三朝分院
谷崎 勝朗 岡山大学医学部付属病院三朝分院
抄録
Effects of aging and glucocorticoid therapy on bronchoalveolar lavage (BAL) cells, particularly lymphocytes, neutrophils and eosinophils, were examined in 81 patients with asthma. 1. The proportion of BAL lymphocytes tended to increase with aging in asthmatics under age 69 years, and the proportion was significantly higher in patients with asthma between the ages of 60 and 69 than in those under age 39 and between the ages of 40 and 49. 2. The proportions of BAL neutrophils and eosinophils were not related to aging. 3. The proportion of BAL lymphocytes was higher in patients without glucocorticoid therapy than in those with steroid-dependent intractable asthma (SOIA) in those under age 69 years. In patients between the ages of 50 and 59, the proportion of BAL lymphocytes was significantly higher in patients without glucocorticoids than in those with SOIA. 4. The proportion of BAL neutrophils was higher in patients without glucocorticoid therapy than in those with SOIA, and the difference was significant in patients between the ages of 60 and 69. 5. The proportion of BAL eosinophils was not related to glucocorticoid therapy. These results suggest that the proportion of BAL lymphocytes and neutrophils is affected by aging and glucocorticoid therapy, but not BAL eosinophils.
抄録(別表記)
気管支喘息81例を対象に,気管支肺胞洗浄(BAL)液中の細胞成分,特にリンパ球,好中球および好酸球に対する加齢および副腎皮質ホルモ ンの影響について検討を加えた。 1.BAL液中のリンパ球頻度は,69才以下の症例では加齢とともに増加する傾向を示し,60-69才の年齢層では,39才以下および40-49才の年齢層の症例に比べ有意に高い値を示した。  2.BAL液中の好中球および好酸球頻度と加齢との間には関連が見られなかった。  3.BAL液中のリンパ球頻度は,69才以下の症例では,ステロイド依存性重症難治性喘息(SDIA)に比べ,ステロイド非使用例で有意に高い値を示し,50-59才の年齢層ではその差は有意であった。  4.BAL液中好中球頻度は,ステロイド非使用例に比べSDIA症例において高い値を示し,60-69才の年齢層ではその差は有意であった。  5.BAL液中好酸球頻度は,ステロイド使用の有無との関連は見られなかった。これらの結果は,BAL液中リンパ球および好中球頻度は加齢や副腎皮質ホルモン投与の影響を受けるが,BAL液中好酸球額度には影響しないことを示唆している。
キーワード
aging
asthma
glucocorticoid therapy
BAL cells
発行日
2002-02-01
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
72巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
16
終了ページ
22
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc