このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 52776
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Analyzing Peer Interactions and Teachers’ Support During Structured Play Activities in a Special Needs Education School.
著者
仲矢 明孝 岡山大学大学院教育学研究科発達支援学系
中尾 果歩 岡山県立倉敷まきび支援学校
竹内 愛 岡山大学教育学部附属特別支援学校
抄録
 知的障害特別支援学校小学部の「遊びの指導」の授業における児童同士のかかわりの実態 を整理し,かかわりを促す教師の具体的な支援の在り方について検討するため,実際の授業 における児童及び教師の言動を時間の流れに沿って書き出して作成したトランスクリプトを 基に整理・分析した。その結果,実態の異なる2人の対象児は共に,他の児童に対して高い 関心を示しており,その示し方は発声・発語や身体動作に比べ,注視が多かったことが確か められた。また,対象児の他の児童に対する発信の契機を調べた結果,教師よりも他の児童 の言動が契機となった場合が多く,教師が契機であった場合については,対象児の他の児童 への発信に至る過程が4パターンに分類された。さらに,児童同士のかかわりを促す教師の 具体的な支援の在り方に関する示唆を得た。
キーワード
知的障害特別支援学校
遊びの指導
授業分析
児童同士のかかわり
発信の過程
発行日
2014-07-28
出版物タイトル
岡山大学大学院教育学研究科研究集録
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
156巻
出版者
岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ
15
終了ページ
21
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bgeou