このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15151
JaLCDOI
Sort Key
5
フルテキストURL
著者
Chowdhury, Riaz 岡山大学臨床検査医学
越智 浩二 岡山大学臨床検査医学
田中 淳太郎 岡山大学臨床検査医学
松本 秀次 岡山大学臨床検査医学
妹尾 敏伸 岡山大学臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学臨床検査医学
水島 孝明 岡山大学第2内科
谷崎 勝朗 岡山大学三朝分院
抄録
Tropical calcific pancreatitis is a nonalcoholic type of chronic pancreatitis affecting the childrens and young adults characterized clinically by recurrent abdominal pain in childhood, diabetes in adolescent and death in early childhood. Although the exact etiology is not known, malnutrition and chronic cassava toxicity either singly or in combination are presumed to be the prime factor in pancreatic injury unopposed by detoxification of free radical. Moreover micronutrients deficiency, oxidant stress and antioxidant deficiency might play substantial role. Diabetes secondary to tropical calcific pancreatitis is a distinctive and frequent problem, being named by W.H.O. study group as 'fibrocalculous pancreatic diabetes (FCPD) and classified as one of the variant of the so-called malnutrition related diabetes mellitus (MRDM).
抄録(別表記)
熱帯地方の貧困層の小児や若干成人にみられる非アルコール性の慢性膵炎で,小児期に反復する腹痛で発症し,10~20歳で膵性糖尿病になり,20~ 30歳で死亡する類似の病像を示す症例をTropical calcific pancreatitis(熱帯性石灰化慢性膵炎)という。高率に膵石を伴う。成因は乳幼児期からの熱量,蛋白貰,micronutrients(亜鉛,銅,セレニウム)の摂取不足に加えて食事中シアン産生物質や環境中oxidantsなど複合因子によると推測されている。病理像は世界各国にみられる慢性膵炎典型例に類似する。最近は,生活環境や医療事情の改善により,全身栄養障害の減少や生存期間 の延長など病像が変貌しっつある。糖尿病を重視する立場からはFibrocalculous pancreatic diabetesと呼ばれ,同一地域にみられるProtein-deficient pancreatic diabetesと合わせてMalnutrition-related diabetes mellitus(MRDM)と総称し,糖尿病の一亜型に分類されている。
キーワード
Tropical calcific pancreatitis (TCP)
malnutrition
cassava
diabetes
abdominal pain
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
1994-09
65巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
27
終了ページ
39
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
English
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc