このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15089
JaLCDOI
Sort Key
11
タイトル(別表記)
Usefulness of retinol binding protein as a marker for the assessment of nutritional uptake for the preparation of colonosocpy
フルテキストURL
著者
加藤 匡宏 岡山大学医学部中央検査部
蓮岡 英明 勝山病院外科
越智 浩二 岡山大学医学部中央検査部
水島 孝明 岡山大学医学部第二内科
Chowdhury Riaz 岡山大学医学部臨床検査医学教室
松村 直樹 岡山大学医学部中央検査部
山本 良一 岡山大学医学部第二内科
田中 淳太郎 岡山大学医学部中央検査部
原田 英雄 岡山大学医学部臨床検査医学教室
穐山 恒雄 岡山大学医学部附属病院三朝分院
横田 聡 岡山大学医学部附属病院三朝分院
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院 Kaken ID researchmap
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院
抄録
大腸内視鏡検査の前処置を栄養面から評価する目的で前処置前後にrapid turnover proteinである血中レチノール結合蛋白の変動を検討した。前日に普通食を用い,当日ニフレックを使用した10例,検査1日前に低残渣食を用いた27例,通常の前処置では良好な腸管洗浄が得られないために検査前2日間低残渣食を用いた27例の3群について,前処置開始前と検査終了後に血中レチノール結合蛋白の変動をみたところ,検査前2日間低残渣食服用群で有意の低下を認めた。前日普通食群では検査前後で変化を認めず,1日低残渣食服用群では低下傾向を認めたが,有意差は認めなかった。これまで前処置の成否は腸管洗浄度の面で評価されてきたが,血中レチノール結合蛋白を目標として用いることにより栄養面から評価することができることが考えられた。
抄録(別表記)
The objective of this study was to evaluate the usefulness of retinol binding protein (RBP), one of rapid turnover proteins, for the assessment of nutritional aspect of the preparation for colonoscopy. Blood samples were drawed before the preparation and after the colonoscopic examination and serum RBP was determined by laser nephrometory. Group A consisted of 10 patients who were administered intestinal lavage solution (Niflec) without no low residual diet. Group B consisted of 27 patients who were adminstered low residual diet for 1 day. Group C consisted of 27 patients who were administered low residual diet for the two consecutive days before colonosocopic examination with intestinal lavage solution and magnesium citrate because sufficient cleanup of intestine were not expected by using the ordinary preparations. The values of serum RBP significantly decreased in group C after the preparation although no significant changes were observed in group A and Group B. We emphasized in estimating the preparation for the colonoscopy assessment of nutrition using serum RBP was needed as well as colonic cleaning.
キーワード
レチノール結合蛋白 (retinol binding protein)
大腸内視鏡 (colonoscopy)
前処置 (preparation)
栄養評価 (nutritional assessment)
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
1996-11
67巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
71
終了ページ
74
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc