このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13661
Eprint ID
13661
フルテキストURL
Thumnail 112_205.pdf 183 KB
タイトル(別表記)
Clinical pathway in breast conservation operation in Okayama Central Hospital
著者
松岡 順治 岡山中央病院
小島 一志 岡山中央病院
岡 伊津穂 岡山中央病院
剣持 雅一 岡山中央病院
片岡 正文 岡山大学第一外科
梅岡 達生 岡山大学第一外科
抄録
We performed a breast conservation operation in 5 patients using a clinical pathway in 1995 and analyzed the effect on the patient's outcome. Compared to 5 patients without a clinical parthway during the same time peried, the mean hospital stay decreased from 10.8 to 4.6 days and the amount of antibiotics decreased from 9.0 to 2.0g. A satisfactory effect was pbserved on the establishment of communication between staff and the standardized care of patiens. Breast conservation operation seems to be a good candidate for the introduction of a clinical pathway. Further improvement could be obtained by reviewing the outcome of patients.
キーワード
クリニカルパス
平均在院日数
医療費削減
患者満足度
備考
原著
発行日
2000-12-25
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
112巻
9-12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
205
終了ページ
209
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/112/9-12/112_9-12_205/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma