このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 507
Eprint ID
507
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Developmental Stages of Parts of the Flower as Indicators for Prebloom GA Treatment of Muscat Bailey A Grapes
著者
岡本 五郎 岡山大学
奥 良雄 岡山県勝英農業改良普及所
島村 和夫 岡山大学
抄録
ブドウ,マスカット・ベーリーAのGAによる無核化処理の適期判定の指標を得るために,勢力の強い新梢と弱めの新梢の発育経過を調査し,新梢勢力の強弱にかかわらず,処理適期に同程度の発育段階にある部分をさがした. 1)無核果率や収穫果房の品質からみて,GA処理効果がもっともすぐれたのは,強勢な新梢で無処理花穂の満開日の9~11日前,弱めの新梢で9日前であった. 2)処理適期における新梢長,展葉数,茎の太さ,花穂長などは新梢勢カの強弱により著しく相違した. 3)花らい及び子房の長さと直径の増加は,強勢な新梢のほうが弱めのものよりやや速かったが,それぞれの適期で比較すると,ほぼ同じ大きさであった. とくに,花らい長及び子房長,子房直径は適期ころの1日あたりの生長量が大で,適期前との区別が容易であった. 4)花粉の発育経過も新梢勢力の強弱による影響がほとんどなく,適期の4日前に4分子期を脱しており,適期当日には直径約20μの花粉粒となった. また,胚珠は適期の2日前に完全に倒立し,適期当日は胚のうの形成開始期であった. 5)以上の結果,ベーリーAのGA前処理適期を判定するためには,現在,一般に行われている新梢や花穂の生育度の観察によるよりも,花器の発育段階を基準にするほうが適当で,実用的には花らいの長さ,子房の長さと直径,及び花粉の発育段階が指標として利用できると思われる。
発行日
1978
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
52巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
11
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa