このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19897
Eprint ID
19897
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Highly sensitive determination of copper ion with newly synthesized water-soluble fluorescent reagents having a 1,8-diaminonaphthalene-3,6-disulfonic acid skeleton
著者
野村 一央 岡山大学
大島 光子 岡山大学
高柳 俊夫 岡山大学
本水 昌二 岡山大学
抄録
Water-soluble fluorescent reagents, 1,8-di-(toluene-4-sulfonylamino)-naphthalene-3,6-disulfonic acid (BTND) and 1,8-di-(trifluoromethanesulfonylamino)-naphthalene-3,6-disulfonic acid (BTFND), were newly synthesized. The reactivities of these fluorescent reagents to Cu(2+), Ni(2+), Co(2+), Cd(2+), Pb(2+), V(V), Ag(+), Fe(3+), and Mg(2+) were examined. BTFND was reacted with 8 metal ions, except for Pb(2+), to show fluorescence quenching. BTND was selective to Cu(2+), and the fluorescence was quenched quantitatively at pH 7 in an aqueous solution (λ(ex)=360 nm and λ(em)=405 nm). The calibration graph for Cu(2+) with BTND was rectilinear over the concentration range from 0 to 10(-5) M and the detection limit was 2.0×10(-7) M. BTND has many advantages, such as selectivity for Cu(2+), high sensitivity, and a simple procedure.
抄録(別表記)
水溶性蛍光試薬として1,8-ジヒドロキシナフタレン-3,6-ジスルホン酸 (クロモトロープ酸) に類似した1,8-ジアミノナフタレン-3,6-ジスルホン酸骨格を持つ1,8-ジ-(トルエン-4-スルホニルアミノ)-ナフタレン-3,6-ジスルホン酸 (BTND) 及び1,8-ジ-(トリフルオロメタンスルホニルアミノ)-ナフタレン-3,6-ジスルホン酸 (BTFND) を合成し, 金属イオンとの反応性を検討した. BTFNDは検討した8種類の金属イオンと反応し消蛍光を示した. またBTNDは銅 (II) イオンと選択的に反応することが分かった. BTNDは水溶液中pH7で銅 (II) イオンと定量的に反応し, 消蛍光を示したので, 検量線を作成したところ, 銅濃度0~10(-6)Mの範囲で直線関係を示した (λ(ex)=360nm, λ(em)=405nm). 本法の銅 (II) イオンの検出下限は2.0×10(-7)Mであった. BTNDは水溶液中で反応し, 定量操作が簡便で, 銅 (II) イオンに対する高感度・高選択的な蛍光試薬であることが分かった.
キーワード
determination of copper ion
1,8-di-(toluene-4-sulfonylamino)-naphthalene-3,6-disulfonic acid
1,8-di-(trifluoromethane-4-sulfonylamino)-naphthalene-3,6-disulfonic acid
fluorescence detection
発行日
2002-09-05
出版物タイトル
分析化学
出版物タイトル(別表記)
Bunseki Kagaku
51巻
9号
出版者
日本分析化学会
出版者(別表記)
The Japan Society for Analytical Chemistry
開始ページ
785
終了ページ
789
ISSN
0525-1931
NCID
AN00222633
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
著作権者
日本分析化学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI