このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11924
JaLCDOI
Sort Key
12
タイトル(別表記)
Development of thermosensitive polymer-conjugated enzyme for repeated use.
フルテキストURL
著者
森 秀治 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
遠藤 浩 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
抄録
温度感受性ポリマー誘導体を作製し、アルカリホスファターゼ(ALP)と結合させることによって、反復利用が可能なALPの開発を試みた。温度感受性ポリマー結合ALPは、反応混合液の温度を37℃以上に温度を上げることによって、簡単に他の成分から分離回収することができ、回収後も約80%の活性を保持していることが明かとなった。
抄録(別表記)
For the purpose of repeated use of enzyme, alkaline phoshatase congugated with the reactive derivative of thermosensitive polymer was developed. This novel enzyme was precipitated immediately and recovered from reaction mixture, when the solution temperature was raised to 37℃. Recovered enzyme retained 80% activity compared to that of untreated one.
キーワード
温度感受性ポリマー (thermosensitive polymer)
反復利用 (repeated use)
アルカリホスファターゼ (alkaline phosphatase)
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1995-01-31
5巻
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
87
終了ページ
90
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs