このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11760
JaLCDOI
Sort Key
3
タイトル(別表記)
Alteration of thermostable phosphatase activity after hydrophobic chromatography
フルテキストURL
著者
森 秀治 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
岡本 基 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科 Kaken ID
中田 安成 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
遠藤 浩 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
抄録
耐熱性ホスファターゼを含んだBacillus stearothermophilus 粗酵素試料を、リソースIsoによる疎水性クロマトグラフィにかけ分離を行った。1.5M→0M 硫酸アンモニウムの直線逆濃度勾配によって溶出を行ったところ、ホスファターゼは不活性な形で溶出され、これは硫酸アンモニウムによる濃度依存的阻害に起因することが判明した。ホスタファーゼの反応混合液に種々の濃度の硫酸アンモニウムを添加したところ、0.15Mの硫酸アンモニウム存在下で約80%の阻害が認められた。加えて、この阻害作用は単に硫酸アンモニウムの添加によってpHが酸性側に傾くことによるものではないことも明らかとなった。
抄録(別表記)
Thermostable phosphatase partially purified from thermophilic bacteria, Bacillus stearothermophilus, was chromatographed on Resource Iso hydrophobic resin. When linear reverse gradient elution with 1.5 M → 0 M ( NH(4))(2)SO(4) was performed, phosphatase was found to be eluted as latent form, which revealed dose-dependent inhibitory effect of (NH(4))(2)SO(4) on phosphatase. When various concentrations of (NH(4))(2)SO(4) were added into phosphatase reaction mixture, about 80% inhibition was observed in the presence of 0.15 M (NH(4))(2)SO(4). Acidification by adding (NH(4))(2)SO(4) was not responsible for this inhibition, because addition of (NH(4))(2)SO(4) solution which pH was previously adjusted to 9.0 showed same inhibitory effect.
キーワード
耐熱性ホスファターゼ (thermophilic phosphatase)
疎水性クロマトグラフィ (hydrophobic chromatography)
硫酸アンモニウム (ammonium sulfate)
濃度依存的阻害 (dose- dependent inhibition)
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1996-08-30
7巻
1号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
17
終了ページ
21
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs