このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11007
Eprint ID
11007
フルテキストURL
著者
山奥 隆 岡山大学
酒井 富美子 岡山大学
吉野 熙道 岡山大学
黒田 俊郎 岡山大学
及川 卓郎 岡山大学
抄録
サトイモは当センターの作目としては重要なもののひとつである。従来のサトイモ栽培では、種イモを使用してきた。また収穫物の中で親イモは商品価値が低く、大半を廃棄せざるを得なかった。そこでこの親イモを翌年の種イモとして活用できれば種イモのコストを削減できるのと同時に販売用孫イモの増収につながると考え、圃場試験を行った。本研究では、親イモを種イモとして栽培試験を行って収量性に検討を加え、親イモ活用の利点を明らかにしようとする。
キーワード
サトイモ
親イモ
種イモ
発行日
2006-12
出版物タイトル
岡山大学農学部センター報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Field Science Center Faculty of Agriculture, Okayama University
28巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
13
終了ページ
15
ISSN
0910-8742
NCID
AN00149012
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bfsc