このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19754
Eprint ID
19754
フルテキストURL
Thumnail 68_1211.pdf 1.57 MB
タイトル(別表記)
Toxicity of New Organophosphorous Insecticides
著者
難波 達治 岡山大学医学部平木内科教室
蜂谷 良馬 岡山大学医学部平木内科教室
黑田 祐一 岡山大学医学部平木内科教室
山田 稔 岡山大学医学部平木内科教室
木村 基一郎 岡山大学医学部平木内科教室
福原 有光 岡山大学医学部平木内科教室
前田 昭 岡山大学医学部平木内科教室
中沢 彪 岡山大学医学部平木内科教室
吉川 潔 岡山大学医学部平木内科教室
木村 峻士 岡山大学医学部平木内科教室
丹原 茂雄 岡山大学医学部平木内科教室
抄録
The toxicity of Diazinon, Chlorthion and Sumicide are studied in comparison with parathion The approximate LD(50) for rabbit are (mg per kg of weight) By the application of these compound, the changes are as follows; 1) Blood cholinesterase of rabbit, both serum and blood corpuscle, are similarly inhibited as the case of Parathion. 2) Symptom of poisoning with rabbit is the same as Parathion. 3) By the rabbit, there occur leucocytosis, mainly due to pseudoeosinophils, and the Arneth count is deflected to the left. Lymphocyte shows relative decrease. 4) Frog heart is examined by Staub-Fuhner method. Heart block that can be made by over 10(-8) concentration of Parathion, also occurs by 10(-7) Diazinon and 10(-6) Chlorthion. 5) The blood vessels of rabbit ear are dilated by the application of 0.1mg Diazinon. 6) Diazinon and Chlorthion make the lowering of arterial blood pressure in the experiment with dog. 7) By the subcutaneous application of these compound the rabbit serum protein and albumin increase, and gamma-globulin decreases.
発行日
1956-08-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
68巻
8号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1211
終了ページ
1217
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/68/8/68_8_1211/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma