このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13739
Eprint ID
13739
フルテキストURL
Thumnail 108_155.pdf 1.05 MB
タイトル(別表記)
Laparoscopic cholecystectomy in 3 cases of hemodialysis patients
著者
高井 研一 岡山中央病院内科
谷合 一陽 岡山中央病院内科
高取 克彦 岡山中央病院内科
大田 祥子 岡山中央病院内科
国富 三絵 岡山中央病院内科
松岡 順治 岡山中央病院外科
黒瀬 匤雄 岡山中央病院外科
小島 一志 岡山中央病院外科
抄録
Laparoscopic cholecystectomy has proven to be a safe and effective treatment for symptomatic gall stone disease. However, laparoscopic cholecystectomy in hemodialysis patients is considered to be relatively contraindicated because of anemia and bleeding tendency. We performed laparoscopic cholecystectomy in three patients being treated by hemodialysis for chronic renal failure. No significant complications were observed after surgery. Laparoscopic cholecystectomy should be considered for hemodialysis patients requiring cholecystectomy.
キーワード
腹腔鏡下胆囊摘出術
透析
備考
原著
発行日
1996-06-29
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
108巻
3-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
155
終了ページ
159
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/108/3-6/108_3-6_155/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma