このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15301
Eprint ID
15301
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息における副腎皮質ホルモン長期投与による免疫抑制と気管支肺胞洗浄液中好中球増多との関連
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属三朝分院内科
御船 尚志 岡山大学医学部附属三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属三朝分院内科
梶本 和宏 岡山大学医学部附属三朝分院内科
杉本 啓介 岡山大学医学部附属三朝分院内科
横田 聡 岡山大学医学部附属三朝分院内科
平松 順一 岡山大学医学部附属三朝分院内科
瓦屋 正志 岡山大学医学部附属三朝分院内科
原田 英雄 岡山大学医学部臨床検査医学
木村 郁郎 岡山大学医学部第2内科
抄録
Cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was compared between two age-matched steroid-dependent intractable asthma (SDIA) groups : 17 group A patients (serum IgG level < 1000mg/dℓ) whose immunity was regarded as being suppressed by long-term glucocorticoid therapy and 17 group B patients (serum IgG level > 1200mg/dℓ). 1. The levels of serum IgA and IgM were significantly decreased in group A compared to the levels in group B patients. 2. The number of blood lymphocytes was also significantly lower in group A than in group B patients. However, the number of blood neutrophils was not different between the two asthma groups. 3.The number of BAL lymphocytes was significantly lower in group A than in group B patients. 4. BAL neutrophilia (more than 1.5×10 (4)/mℓ) was observed in 6 of the 17(35.3%) patients in group A, but not observed in any patients in group B. The number of BAL neutrophils was significantly greater in group A than in group B patients. These results suggest that there is a correlation between immunosuppression by glucocorticoids and BAL neutrophilia in patients with bronchial asthma.
抄録(別表記)
ステロイド依存性重症難治性喘息を,免疫抑制の見られる症例(血清IgG値1000mg/dℓ以下)(グループA)と抑制の見られない症例(血清IgG値1200mg/dℓ以上)(グループB)の2群に分け,気管支肺胞洗浄液中の細胞成分について比較検討した。1.血清IgAおよびIgM値は,グループBに比べ免疫抑制の見られるグループAにおいて有意に低い値であった。2.末梢血リンパ球数は,グループAにおいて,グループBに比べ有意に少ない傾向が見られた。しかし,末梢血好中球数は両群間に有意の差は見られなかった。3.BAL液中リンパ球数は,グループBに比べ免疫抑制の見られるグループAにおいて有意に少 ない数であった。4.BAL液中好中球増多(1.5×10(4)/mℓ以上)を示す症例は, グループAの17例中6例(35.3%)に見られたが,グループBでは全く 見られなかった。また,BAL液中好中球数は,グループAにおいてグループBに比べ有意に多い数であった。以上の結果により,副腎皮質ホルモン長期投与 による免疫抑制とBAL液中好中球増多とはある程度関連があることが明らかにされた。
キーワード
immunosuppression (免疫抑制)
BAL neutrophilia (BAL好中球増多)
glucocorticoids (副腎皮質ホルモン)
bronchial asthma (気管支喘息)
発行日
1993-06
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
64巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
17
終了ページ
23
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc