このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 535
Eprint ID
535
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Effect pof Root Temperature on the Budbreak and the Shoot Growth of Potted Vines of Muscat of Alexandria Heated from December and from February
著者
久保田 尚浩 岡山大学
木村 剛 岡山県阿新農業改良普及所
島村 和夫 岡山大学
抄録
ブドウ樹の発育と地温条件との関係を明らかにするために,接ぎ木2年生の鉢植えMuscat of Alexandria(H.F.台)について,1974年12月9日と1976年2月2日から室温を17℃以上に保ったガラス室内で,地温を6段階(12月処理:10,15,20,25,30,35℃,2月処理:15,18,20,25,30,33℃)に調節し,発芽ならびに新梢生長に及ぼす地温の影響を調査した. 1)ブリーディンブは地温15℃以上でみられ,12月処理,2月処理ともに処理開始後まもなく始まった. その期間は12月処理で長く,とくに20,25および30℃の各区では2週間もしくはそれ以上続いた. なお,2月処理ではいずれの区も4ないし7日間であった. 2)発芽所要日数は,12月処理では各区とも35-45日の範囲内で,地温が高い区ほど短かかったが,2月処理ではそのような傾向は認められず,いずれの区も17-20日の範囲内であった. 発芽率は,12月処理では母枝上の基部の芽もよく発芽した25,30℃の両区で高く,10℃区と15℃区では低かったが,2月処理では処理区間の差は少なかった. また,2月処理では発芽の開始から終了までの期間(発芽ぞろい)はいずれの区も短かかったが,12月処理では発芽率の低い10,15℃の両区で長かった. 3)発芽後の新梢生長は,12月処理,2月処理ともに,20,25,30℃の各区ですぐれ,10℃以下と33℃以上の区で劣った. また,新楕生長がすぐれた区では花房数も多い傾向であった. 4)以上の結果から,Muscat of Alexandriaの発芽に及ぼす地温の影響は処理時期によって著しく異なるが,新梢生長については,どの時期においてもその効果が大きいと思われた。
発行日
1979
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
53巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
9
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa