このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42465
フルテキストURL
Thumnail 69_283.pdf 2.19 MB
タイトル(別表記)
On the incidence of Japanese B encephalitis and the mosquitoes collected by light-trap at Okayama in 1956
著者
山口 左仲 岡山大学医学部寄生虫学教室
稲臣 成一 岡山大学医学部寄生虫学教室
木村 道也 岡山大学医学部寄生虫学教室
抄録
The authors have collected mosquitoes with light-trap twice a week from April to December, 1959 at Okayama city. Species, number and seasonal distribution of the mosquitoes collected in 1956 were practically the same as those of the average year, while the encephalitis cases reported from within the city area were 337 as against 309 in 1950, the peak of the endemicity following as usual that of activity of the mosquitoes involved.
発行日
1957-02-28
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
69巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
283
終了ページ
284
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/69/2/69_2_283/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma