このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19921
Eprint ID
19921
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Spectrophotometric determination of quaternary ammonium ions based on micelle extraction of ion associates
著者
細井 康宏 岡山大学
本水 昌二 岡山大学
抄録
非イオン性界面活性剤のTriton X-100(TX-100;0.01% v/v)の存在下,テトラブロモフェノールフタレインエチルエステルの酸型(TBPE・H)とアルキルアンモニウムイオン(第四級アンモニウムイオン:C(+))は反応し,イオン会合体,(C(+)・TBPE(-)),を生成する.この反応は,TBPE・HとTX-100との混合ミセル(TBPE・H+nTX-100)(m)から,イオン会合体とTX-100との混合ミセル(C(+)・TBPE(-)+nTX-100)(m)への変化,すなわちイオン会合体のミセル抽出によるものとした.本ミセル抽出-発色系はアルキルアンモニウムイオンの吸光光度定量に応用でき,FIAに適用すれば,溶媒抽出を用いない簡便な方法となることが分かった.
抄録(別表記)
In the presence of non-ionic surfactant, Triton X-100 {TX-100; 0.01 % (v/v)}, protonated tetrabromophenolphthalein ethyl ester (TBPE·H, λ(max) =430 nm) reacts with alkylammonium ions (quaternary ammonium ion : C(+)) to from ion associates (C(+)·TBPE, λ(max)=600~610 nm). This reaction is considered to be the change from a mixed micelle of TBPE·H and TX-100, (TBPE·H + nTX-100)(m), to a mixed micelle of the ion associate and TX-100, (C(+)・TBPE(-) + nTX-100)(m): namely, the micelle extraction of ion associates. The coloration system based on the micelle extraction was applied to the spectrophotometric determination of alkylammonium ions by a batchwise method and a flow injection method.
キーワード
micelle extraction of ion associates
spectrophotometry of alkylammonium ions with tetrabromophenolphthalein ethyl ester
FIA
non-ionic surfactant Triton X-100
発行日
1989-05-05
出版物タイトル
分析化学
出版物タイトル(別表記)
Bunseki Kagaku
38巻
5号
出版者
日本分析化学会
出版者(別表記)
The Japan Society for Analytical Chemistry
開始ページ
205
終了ページ
210
ISSN
0525-1931
NCID
AN00222633
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnlabstract_ja.php?cdjournal=bunsekikagaku1952&cdvol=38&noissue=5&startpage=205http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnlabstract_ja.php?cdjournal=bunsekikagaku1952&cdvol=38&noissue=5&startpage=205
言語
Japanese
著作権者
The Japan Society for Analytical Chemistry
論文のバージョン
publisher
査読
有り