このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18213
Eprint ID
18213
フルテキストURL
Thumnail 77_365.pdf 2.29 MB
タイトル(別表記)
Report of Field Survey on Hypocatalasemia in 1963
著者
高原 滋夫 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
小倉 義郎 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
高越 良明 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
森谷 研介 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
大上 浩 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
堀 興雄 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
抄録
The authors reported the results of screening tests for hypocatalasemia at several places in Japan during the year of 1963. Among 10,358 individuals submitted to the test, 24 proved to be hypocatalasemia, i.e., the state of acatalasemic gene carrier. The examinee consisted of five different populations; 1,050 students of Okayama University, 2,363 school-children at Akasaka, Gifu Pref., 598 Korean school-children around Hiroshima City, 2,109 people including school-children at Kozagawa, Wakayama Pref. and 4,238 school-children at Tsushima Is., Nagasaki Pref. The rate of hypocatalasemic cases varied from zero to 0.67% in each place. Concerning acatalasemia, the reported cases amounted to 34 families and 76 individuals by the end of 1963.
発行日
1965-02-28
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
77巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
365
終了ページ
368
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/77/2/77_2_365/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma