このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42730
フルテキストURL
Thumnail 69_3093.pdf 10.2 MB
タイトル(別表記)
Trauma and The Used Weapons
著者
神田 瑞穂 岡山大学医学部法医学教室
本位田 甲子郎 岡山大学医学部法医学教室
浜田 稔雄 岡山大学医学部法医学教室
板阪 康夫 岡山大学医学部法医学教室
船曳 定雄 岡山大学医学部法医学教室
松島 九郎 岡山大学医学部法医学教室
白神 清敏 岡山大学医学部法医学教室
抄録
It is very difficulty to prove that a weapon bas been used for the production of a wound generally, and we are observed three wounds, one punctured wound by an instrument, other cutting by a saw in the head and another stab wound of chest by a shape weapon.
発行日
1957-12-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
69巻
12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
3093
終了ページ
3097
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/69/12/69_12_3093/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma