著者 井上 成信| 前田 孚憲| 光畑 興二| Gara I Wayan|
発行日 1998
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
5巻
2号
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) バンダから分離されたCymubidium Mosaic Virusの諸性質
フルテキストURL 004_002_164_174.pdf
著者 Gara I Wayan| 近藤 秀樹| 前田 孚憲| 光畑 興二| 井上 成信|
抄録 A virus causing necrotic spots and necrotic flecks on the leaves of Vanda orchids in Japan was identified as cymbidium mosaic virus(Cymv) on the basis of host range,stabilly in crude sap, particle morphology, serological test and physico-chemical properties. The virus was transmitted by sap inoculation to 12 of 57 species in 6 of 12 families tested, but not by aphid Mizus persicae or through seeds. Systemic infection occurred in all Orchidaceae plants tested and only one in non-orchidaceae (Sesamum indicum). In Tetragonia expansa sap, the infective at a dilution of 10-5 but not at 10-6, after heating at 65℃ for 10 min, and was still active after 1 month aging in vitro. Flexuous rod particles, c. 475×13nm, were observed.In ultrahtin sections of leaf tissues from diseased plants, virus particles were found to aggregate in the cytoplasm. The molecular weight of the protein submit and RNA determined by gel electrophoresis, was 27.8×103 and 2.2×106, respectively. Double-stranded RNAs with estimated molecular weight of 5.4×106, 4.0×106, 3.6×106 and 3.0×106 were isolated from infected plants.
抄録(別表記) 日本において葉にえそ斑やえそ輪紋を示すバンダから分離されたウイルスは、宿主範囲、病葉汁液中での安定性、粒子長、物理化学的性質、外被タンパク質ならびにウイルスRNAの分子量等からCymbidium mosaic virus(CyMV) と同定された。本ウイルスを12科57種の植物に汁液接種したところ、数種のラン科植物とゴマに全身感染した。また、本ウイルスは汁液接種で容易に伝搬されず、種子伝染も認められなかった。ツルナの病葉汁液中での安定性は不活化温度が65~70℃(10分)、希釈限度が10-5~10-6、保存限度が20℃で1~2ヶ月であった。DN法による電顕観察では屈曲性のある長さ約475×13nmのひも状粒子が多数認められ、感染葉(Cymbidium) の超薄切片にはウイルス粒子がfingerprint状として細胞質内に存在することが確かめられた。ゲル電気泳動により外被タンパク質とウイルスRNAの分子量の解析を行ったところ、それぞれ27.8×103、2.2×106であった。また、本ウイルスに罹病したツルナ葉からは、主に4種の感染に特異的な二本鎖RNA(分子量約5.4×106、4.0×106、3.6×106 3.0×106)が検出された。
キーワード Vanda orchid Cymbidium mosaic virus Potexvirus
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
発行日 1996
4巻
2号
開始ページ 164
終了ページ 174
ISSN 0916-930X
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313836