このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 404
Eprint ID
404
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Simulation of Field Profiles as Sources of Tractor Vibrations
著者
笹尾 彰 岡山大学
遠藤 俊三 岡山大学
抄録
トラクタの乗心地問題を振動面からみた研究の一環として,走行中の主要な振動源であるほ場面プロフィルを,与えられたパワースペクトル密度(P.S.D)からもとめる方法を述べ,さらに得られた数値ほ場をトラクタの振動モデルヘの入力としたときの,トラクタ走行時の挙動解析への適応性を検討し次のような結果を得た. 1)ほ場面プロフィルのシミレーションは,発生した正規擬示乱数に数値フィルタを作用させた. 数値フィルタには,移動平均型フィルタと自己回帰型フィルタを用いた. 両方法とも,与えられたP.S.Dのサンプル数25~30で充分満足できる結果が得られた. 両者を比較すると,移動平均型フィルタを用いる場合の方が計算手順も容易で,よりよい結果が得られた. 2)シミレーションにより得られた数値ほ場を入力としてトラクタの挙動を重心およびシートの上下方向加速度について検討したところ,実験結果とよい一致をみた. 以上のことから,ほ場面プロフィルのシミレーションは,ほ場面の特性が与えられたP.S.Dを有する試験ほ場の設計を可能にする一方本論文で適応性を検討したように数値ほ場としてディジタルシミレーションによるトラクタ挙動の解析への入力に用い,防振対策やシート設計上の有効な手段となりうるものと考える。
発行日
1976
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
47巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
67
終了ページ
73
ISSN
04740254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa