このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11753
Eprint ID
11753
フルテキストURL
タイトル(別表記)
The effects of various fixating buffer soution in the electron microscopic observations
著者
赤塚 和也 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
抄録
生物学的あるいは生化学的な緩衝液を使用して作製された電子顕微鏡試料と従来の電子顕微鏡用として使用されている緩衝液で作成した試料とで電子顕微鏡像から比較検討した。HEPES緩衝液で作製した試料の電子顕微鏡像は、従来の電子顕微鏡に用いられている緩衝液で作製した試料から得られた電子顕微鏡像と非常によく似た像を示し、このHEPES緩衝液は電子顕微鏡の固定用緩衝液として使用できることが認められたが、その他(PIPES、MOPS緩衝液)の緩衝液ではあまりにも細胞内の可溶性物質が溶出しすぎて使用に耐えなかった。電子顕微鏡学研究において使用されうる固定用緩衝液は細胞内のオルガネラの保持が余りにも良い場合には、その微細構造の解析が困難になり、程々に細胞内の可溶性物質が溶出した方が解析がし易くなると思われ、この様な観点から、今回使用したHEPES緩衝液は生物学的あるいは生化学的な研究から引き続き電子顕微鏡用の試料を作製する際、同じ緩衝液が使用できることが認められた。
抄録(別表記)
The effects of buffers fixating biological or biochemical materials on the ultrastructures of intracellar organera were examined in electron microscopic observations. HEPES buffers were evaluated for retention of the ultrastructures intracellular organella in comparison with PIPES, and MOPS buffers. It has been shown that the image of electron microscopic observations resembled closely to ordinary fixating buffers (Millonig, Sorencen, and cacodylate buffers) for electron microscopic materials. On PIPES buffers, the image of electron microscopic observations was indistinct because too much intracellular soluble sabstances were remained in cells. On the electron microscopic study, it may be suitable to make materials adequately permeable by removing intracellular soluble substances with buffers. In this point of view, HEPES buffers can be used as a fixating buffer in electron microscopic observations.
キーワード
電子顕微鏡 (electron microscopy)
微細構造 (ultrastructure)
肝細胞 (liver cell)
カコジル酸緩衝液 (cacodylate buffer)
HEPES緩衝液 (HEPES buffer)
発行日
1996-02-29
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
6巻
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
55
終了ページ
61
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs