このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15214
JaLCDOI
Sort Key
1
タイトル(別表記)
Examination of informed consent to preoperative esophagus cancer patient
フルテキストURL
著者
森 恵子 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
金尾 直美 国立病院四国がんセンター
難波 佳代 岡山大学医学部附属病院西病棟3階
石川 貴子 岡山大学医学部附属病院西病棟3階
斎藤 信也 岡山大学医学部附属病院消化器・腫瘍外科
猶本 良夫 岡山大学医歯学総合研究科消化器・腫瘍外科
抄録
食道がん患者が食道切除術を受けることを自己決定する場合には,食道癌であることの告知と、食道癌に対する治療方法に関するインフォームド・コンセントが重要となる。食道がん患者の治療法選択における自己決定を指向したインフォームド・コンセントの有り様について,質的帰納的に分析した文献は少ない。今回,食道がん患者に対して,半構成的質問用紙を用いて,面接を実施することで,患者が治療法として手術を自己決定するために役立つインフォームド・コンセントとはどのようにあればいいかを明らかにした。その結果,患者が食道切除術を受けることを決めるためには,①患者の理解度にあわせ,何度かに分けてインフォームド・コンセントが行われる必要があること,②術後に起こってくる症状,特に患者にとって苦痛を伴う検査,処置等については,患者のパーソナリティーを考えながら,術後のイメージがわくような説明が必要であること,③患者の自己決定に至る過程のみならず,インフォームド・コンセント後においても,患者や家族を支援する体制が重要であること,が明らかになった。
抄録(別表記)
It is important for the patients with esophageal cancer to receive truth telling about their illness as well as to have informed consent fully concerning treatment method when making self-decision. There have been few reports about the self-decision oriented informed consent which were analyzed with qualitative induction research. We therefore conducted qualitative research using semi-structured questionnaire to elucidate how an informed consent should be conducted to support the patients to make self-decision for accepting surgical treatment. As results, 1. Informed consent should not be an event but a process according to capacity of the patients for understanding their own illness. 2. Explanation about the condition following an operation, especially about the symptom or the procedure causing pain, should be supportive for the patients with picturing a specific image, considering the personality of the patients. 3. Supportive system for patients after receiving informed consent and making a decision accepting surgical treatment should be improved because of insufficient sharing of information among medical team members.
キーワード
インフォームド・コンセント (Informed consent)
食道がん (esophagus cancer)
治療法の選択 (selecting treatment method)
自己決定 (self-determination)
出版物タイトル
岡山大学医学部保健学科紀要
発行日
2003-03-20
13巻
2号
出版者
岡山大学医学部保健学科
出版者(別表記)
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
開始ページ
67
終了ページ
75
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs