このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54077
Sort Key
6
タイトル(別表記)
Behçetʼs disease complicated by ileocecal and esophageal perforation
フルテキストURL
Thumnail 128_27.pdf 5.59 MB
著者
九十九 悠太 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
河本 和幸 倉敷中央病院 消化器外科
高木 弘誠 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
陳 開 倉敷中央病院 消化器外科
松葉 優里 倉敷中央病院 消化器外科
長久 吉雄 倉敷中央病院 消化器外科
岡部 道雄 倉敷中央病院 消化器外科
白川 靖博 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
伊藤 雅 倉敷中央病院 消化器外科
藤原 俊義 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
抄録
 A 36-year-old Japanese man known to have incomplete Behçet’s disease (oral aphthous ulcers, genital ulcers, skin lesions, and esophageal and ileocecal ulcers) was admitted to our hospital in January 2011 for abdominal pain. We administered corticosteroids and immunosuppressants. Two months later, we performed an ileocecal resection to control gastrointestinal bleeding from the ileocecal ulcers. High fever persisted after this surgery, and upper gastrointestinal endoscopy demonstrated ulcer penetration between the lower and abdominal esophagus. Eighteen days after the initial ileocecal resection, we performed a lower esophagus resection, gastric tube reconstruction and enterostomy, during which we confirmed a 5-mm-dia. perforated site at the posterior wall of the abdominal esophagus. Postoperative anastomotic leakage and empyema occurred, but they were relieved by thoracic drainage and empyema dissection.
キーワード
ベーチェット病(Behçet’s disease)
食道(esophagus)
回盲部(ileocecal)
穿孔(perforation)
手術(surgery)
備考
症例報告(Case Reports)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2016-04-01
128巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
27
終了ページ
32
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.128.27
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2016 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma