このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19745
JaLCDOI
Sort Key
3
タイトル(別表記)
Maternal swimming at Misasa Hospital Of Okayama University Medical School First report. Recognition of the pregnant women to maternity swimming
フルテキストURL
著者
奥田 博之 岡山大学医学部附属病院三朝分院
須賀 清博 岡山大学医学部附属病院三朝分院
坂田 旬子 岡山大学医学部附属病院三朝分院
吉田 佐知江 岡山大学医学部附属病院三朝分院
御船 政明 岡山大学医学部附属病院三朝分院
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院
抄録
妊婦のスポーツに対する考え方は近年まで比較的消極的であったが,最近マスコミに取り上げられるようになり,妊婦水泳・エアロビクスダンス等は全国的にもかなり普及していると思われる。今回外来通院患者を対象に妊婦水泳に関するアンケート調査を行った結果,大多数のものが関心を持ち,また実施希望を持っていることが判明したのでその概要を報告する。
抄録(別表記)
The sports have been contraindication for pregnant women till resent years. Since Dr. Murooka reported the safety and the effectiveness of maternity swimming in 1978. maternity swimming have been taken up and fasionarised by mass media. And then maternity swimming becomes popular in our all over the country. Now we made inquiries about maternity swimming to 25 pregnant women in our outpatients clinic. (Results) 1. Eightyfour percent of them were interested in maternity swimming. 2. Eightyeight percent of them wanted to swim. 3. Most of them had little knowledge about tocological effectiveness of maternity swimming. (Conclusion) It is nessesary that the enlightenment and the active management of maternity swimming by obstetricians.
キーワード
妊婦水泳 (Maternity swimming)
出版物タイトル
環境病態研報告
発行日
1988-08
59巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
8
終了ページ
11
ISSN
09133771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc