このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17292
Eprint ID
17292
フルテキストURL
Thumnail 90_537.pdf 724 KB
タイトル(別表記)
Experiences in the use of ACTA scanner (type 0100) Part 1. Consideration on CT scanner
著者
青野 要 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
橋本 啓二 岡山大学医学部放射線医学教室
佐藤 功 岡山大学医学部放射線医学教室
森野 靖雄 岡山大学医学部放射線医学教室
杉田 勝彦 岡山大学医学部放射線医学教室
田辺 正忠 岡山大学医学部放射線医学教室
山本 道夫 岡山大学医学部放射線医学教室
抄録
It is only a little over two odd years since computer tomography (CT) has come to be used in Japan. However, during this short period of time great interest in the CT apparatus has been aroused. As we have had the opportunity to use the ACTA scanner (type 0100) set in June, 1976 at the hospital affiliated to Okayama University, we describe here our experiences with it and introduce an outline of the CT apparatus as well as its usefulness.
発行日
1978-06-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
90巻
5-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
537
終了ページ
543
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/90/5-6/90_5-6_537/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma