JaLCDOI 10.18926/15173
タイトル(別表記) Study on the method to quantify viable bacterial cellson the surface of endotracheal suction catheters
フルテキストURL 016_2_079_083.pdf
著者 犬飼 昌子| 野村 佳代| 渡邉 久美| 千田 好子| 光畑 律子| 狩山 玲子|
抄録 気管内吸引カテーテルに付着した一般細菌の生菌数測定方法について,超音波法およびチューブミキサーによ攪拌法を用いて検討した。まず,人工的に緑膿菌を付着させた気管内吸引カテーテルを超音波処理することにより生菌数を測定した。その結果,処理時間が1分を経過すると生菌数は減少をはじめ経時的に減少傾向を示した。一方,攪拌法では0.5分の処理をピーク値としてその後の減少傾向は認められなかった。次に,在宅療養患者に使用したカテーテルをチューブミキサーで0.5分攪拌後,生菌数の測定を行った。また,同じカテーテルを用いて走査型電子顕微鏡による観察を行った結果,画面上の細菌数の印象と生菌数の測定結果に矛盾はなかった。これらのことから気管内吸引カテーテルに付着した一般細菌の生菌数測定方法として,生理食塩水に入れたカテーテルをチューブミキサーで攪拌する方法が有用であると考えられた。
抄録(別表記) As a method for the detection of viable bacteria attached to endotracheal suction catheters, we evaluated sonication and dissociation using a tube mixer. The catheter fragments with Pseudomonas aeruginosa PAO1 were treated by each of the two methods, and viable cells in the elutions were counted. The highest number of viable cells was observed at 0.5 min by either method. The viable cell count decreased when the sonication time exceeded 1 min, while only a slight decrease of viable cells was observed by using a tube mixer. The catheters used for patients receiving care at home were fragmented and treated by a tube mixer to detach bacteria, and viable cells were counted. Electron microscopy observation showed an association between the viable cell count and morphology of surfaces of the catheters. These results suggest that adequate removal of bacteria attached to endotracheal suction catheters is possible by agitating catheter fragments for 0.5 min in physiological saline using a tube mixer.
キーワード 気管内吸引カテーテル (Endotracheal suction catheter) 付着菌の解離 (removal of attached bacteria) 生菌数測定方法 (viable cell counts) 細菌学的評価 (microbiological evaluation) 形態学的評価 (morphological evaluation)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2006-03-31
16巻
2号
開始ページ 79
終了ページ 83
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307930
JaLCDOI 10.18926/15218
タイトル(別表記) Study of childcare anxieties and way coping in O city
フルテキストURL 013_2_099_107.pdf
著者 板倉 祐子| 大土 井希| 小池 麻希子| 梅地 智恵| 野村 佳代| 樋口 まち子|
抄録 本研究の目的は,母親たちが育児に関して直面している不安を把握し,その不安に対する保健師の対処の実態を明らかにすることである。そこでO市にあるN保健センターの家庭訪問と月1回の育児相談会において,保健師が受けた育児に関する相談を分析した。対象はN保健センター管内の4つの地区で,1歳2ヶ月未満の児を持つ母親からの216件の相談内容である。その結果,母親たちの育児不安で最も多かったのは児の身体や栄養についてであった。さらに不安は出産順位によっても差があり,また児の月齢により変化し,その内容は児の成長発達と深く関係していた。そして,育児に関する情報は増えているものの,個別性に欠けていることや,母親たちの知識に偏りがあることも明らかになった。これらの結果をもとに,現在の母親が抱える不安の傾向を考察し,N保健センターで実施している育児支援活動を踏まえ,母親の不安の対処について検討した。
抄録(別表記) The purpose of this study is to identify childcare anxieties of mothers and how public health nurses cope with them. The data was collected from the contents of 216 consultations of mothers with children under 14th months of age carried by public health nurses of N public health center, O city. It was revealed that most of the consultations were about child's physical and nutritious concerns. The childcare anxieties associated with growth and birth order and the child's age in months. Moreover, we found that even though there is a large volume of information available about childcare, it is too general. Based on the research findings, we made clear tendency of childcare anxiety of mothers and how the public health nurses coped with them.
キーワード 母子保健 (Maternity health) 育児不安 (childcare anxiety)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-03-20
13巻
2号
開始ページ 99
終了ページ 107
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307542