このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19578
Eprint ID
19578
フルテキストURL
Thumnail 71_2737.pdf 1.07 MB
タイトル(別表記)
Investigation of Active Principles in Anaphylactic and Peptone Shock in Dogs
著者
山崎 英正 岡山大学医学部薬理学教室
秦泉寺 圭 岡山大学医学部薬理学教室
近藤 和二 岡山大学医学部薬理学教室
抄録
In dogs immediately after the shock induced by Witte peptone 300mg/kg or by bovine serum anaphylaxis, the presence of adenine nucleotides or 5-hydroxytryptamine in the blood plasma obtained from the femoral and hepatic veins were examined. But our present methods of spectrophotometry of the deproteinized plasma or paper chromtography of the deproteinized, freeze-dried plasma failed to reveal any increase in either substance of these.
発行日
1959-04-25
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
71巻
5-2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
2737
終了ページ
2742
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/71/5-2/71_5-2_2737/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma