このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46813
フルテキストURL
Thumnail 123_85.pdf 499 KB
タイトル(別表記)
Hepatic toxicity and prognosis in HCV-infected patients with diffuse large B-cell lymphoma in the rituximab era
著者
遠西 大輔 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学
谷本 光音 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学
キーワード
HCV
diffuse large B-cell lymphoma
rituximab
hepatic toxicity
備考
平成22年度岡山医学会賞(山田賞) (The 2010 Okayama Medical Association Award)
発行日
2011-08-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
123巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
85
終了ページ
89
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2011 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma