このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15119
Eprint ID
15119
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息患者の気管支肺胞細胞からのヒスタミンとロイコトリエンC4遊離 ―アトピー性喘息におけるヒスタミンの役割について―
著者
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
梶本 和宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保﨑 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
横田 聡 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
越智 浩二 岡山大学医学部附属病院臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学医学部附属病院臨床検査医学
抄録
To clarify the main humoral triggering factor (histamine and/or leukotriene) of the early stage of asthma attacks, the release of histamine and leukotriene C4 (LTC4) from bronchoalveolar lavage (BAL) cells stimulated with Ca ionophore A23187 was examined in 7 patients with atopic asthma, and the results were compared to those in 7 nonatopic asthma patients. 1. The proportion of BAL basophilic cells was significantly higher in atopic patients than in nonatopic patients (p<0.05). 2. The content of histamine in BAL fluid was significantly higher in atopic (2.3mcg/mℓ) comparted to that in nonatopic patients (0mcg/mℓ)(p<0.001). The content of LTC4 was high in nonatopic (2.4ng/mℓ) than in atopic patients (0.5ng/ mℓ), however, this was not significant. 3. The release of histamine from BAL cells was 32.6% in atopic and 0% in nonatopic patients, and this was significant (p<0.001). The release of LTC4 from BAL cells was significantly higher in nonatopic (11.3ng/10(6)cell) than in atopic (3.5ng/10(6)cell)(p<0.02). The results demonstrate that histamine play more important role in atopic patients as a main triggering factor of attacks than LTC4. In contrast, in nonatopic patients, LTC4 is more predominant than histamine during early stage of asthma attacks.
抄録(別表記)
気管支喘息発作初期に関与する液性因子(ヒスタミン,ロイコトリエン)の役割を明らかにするために,気管支肺胞洗浄(BAL)細胞からのカルシウムイオノフォアA23187によるヒスタミンとロイコトリエンC4 (LTC4)遊離の検討を行った。対象はアトピー性喘息患者7名,非アトピー性喘息患者7名とした。1.BAL液中の好塩基性細胞の比率は,アトピー性喘息患者において有意に高値を示した。2.BAL液中ヒスタミン濃度は非アトピー性喘息患者(0mcg/mℓ)に比して,アトピー性喘息患者(2.3mcg/mℓ)において有意に高値を示した。一方,BAL液中LTC4濃度は,アトピー性喘息患者(0.5ng/mℓ)に比し て非アトピー性喘息患者(2.4ng/mℓ)において,高値を示したが,有意差は見られなかった。3.BAL細胞からのヒスタミン遊離は非アトピー性喘息患者(0%)に比して,アトピー性喘息患者(32.6%)において有意に高値を示した。LTC4遊離はアトピー性瑞息患者(3.5ng/10(6)胞)に比して,非アトピー性喘息患者(ll.3ng/10(6)細胞)において有意に高値を示した。以上より,喘息発作初期に関与する液性因子としては,アトピー性喘息患者においてはヒスタミンが重要であり,非アトピー性喘息患者においてはLTC4が,重要であることが,明らかになった。
キーワード
Histamine
LTC4
BAL cells
atopic asthma
発行日
1995-09
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
66巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
14
終了ページ
20
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc