このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19798
Eprint ID
19798
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Influence of Parathion-poisoning on Respiratory and Circulatory Function and the Effects of some Therapeutics
著者
難波 達治 岡山大学医学部平木内科教室
蜂谷 良馬 岡山大学医学部平木内科教室
木村 基一郎 岡山大学医学部平木内科教室
谷本 一 岡山大学医学部平木内科教室
中山 章壮 岡山大学医学部平木内科教室
中沢 峻士 岡山大学医学部平木内科教室
丹原 茂雄 岡山大学医学部平木内科教室
前田 昭 岡山大学医学部平木内科教室
抄録
Respiratory movement and blood pressure were recorded on the dog with parathion-poisoning. 1. After a few minutes of increasing of rate and amplitude, the respiratory movement go down weaker and irregular. Thus the movement ceases by a single intravenous injection of 10 mg/kg parathion. Blood pressure shows transitory rise, then it falls gradually and is attended by a marked slowing of the heart beats after respiratory failure. 2. The changes caused by parathion injection are protected by 5 mg/kg atropine i. v. 3. The atropine- like effects are displayed, too, by 1 mg/kg Tropin, 4 mg/kg Finalin and 3 mg/kg Pro-banthin i. v. 4. Intravenous injection of 100 mg/kg Theraptique, 20 mg/kg Guronsan and 300 mg/kg Sod. thiosulf. are of no use, besides the former display a brief period of strong respiratory stimulation.
発行日
1956-09-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
68巻
9号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1551
終了ページ
1556
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/68/9/68_9_1551/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma