このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 376
Eprint ID
376
フルテキストURL
著者
赤松 誠一 岡山大学
宗友 義美 岡山大学
花房 徳治 岡山大学
抄録
水稲栽培において水管理が根の活力に与える影響を調べ以下の結果を得た。1) 水稲生育期間中の土壌PH、Eh6を測定した結果乾田区は湿田区にくらべ土壌の還元化が弱いことが認められた。2) 湿田区の生育後期における水稲根の活力は極めて低下しており、根腐れも一部に認められた。一方乾田区においては根の活力は極めて旺盛でありわずかに登熟期にやや活力の低下が認められたのみであった。
発行日
1978-12
出版物タイトル
岡山大学農学部農場報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
1巻
出版者
岡山大学農学部附属農場
出版者(別表記)
Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
3
ISSN
0910-8742
NCID
AN00149012
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bfsc