著者 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 西田 典数| 永田 拓也| 高田 真吾| 横井 正|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14886
フルテキストURL 72_074_079.pdf
著者 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 西田 典数| 横井 正| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 高齢者喘息の病態に対する加齢および喫煙の影響について,若干の検討を加えた。高齢者喘息,特に70才以上の喘息では,HRCT上の1950HU以下の肺のlow attenuation area(LAA)は,苦青年者喘息と比べ有意に増加していた.また,同時にこの年齢層では残気量の有意の増加,拡散能の有意の低下が見られた.% LAAと% 1秒量との間には,喘息の非喫煙例,喫煙例,肺気腫(全例喫煙例),いずれにおいても相関が見られた。しかし,% LAAと拡散能との間には,喘息の喫煙例および肺気腫では相関が見られたが,非喫煙例では有意の相関は見られなかった。これは,喫煙の拡散能におよぽす影響が大きいことを示唆しているものと考えられた。
抄録(別表記) Influences of aging and cigarette smoking on the pathophysiology in elderly patients wish asthma were examined in 152 patients with asthma and 14 patients with pulmonary emphysema. The low attenuation area (LAA) <-950 HU of the lungs on high-resolution computed tomography (HRCT) was significantly larger in patients over age 70 years than in those under age 49 years. A significant increase in residual volume (RV) of the lungs and significant decrease in the value of DLco were observed in these patients over age 70 compared to the values in those under age 49. A significant correlation between % LAA and % FEV1.0 was found in patients with asthma (in both smoker and nonsmoker) and with pulmonary emphysema. However, any correlation between % LAA and the value of DLco was not observed in nonsmoking patients with asthma, suggesting that the influence of smoking on DLco is remarkably larger than the influence of aging.
キーワード 高齢者喘息 (asthma in the elderly) 気腫化傾向 (emphysematous changes) HRCT 残気量 (residual volume) DLco
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 74
終了ページ 79
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308085
著者 光廷 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 岩垣 尚史| 永田 拓也| 藤井 誠| 高田 真吾| 横井 正| 浜田 全紀| 谷崎 勝朗|
発行日 2004-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
74巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14840
タイトル(別表記) Multidetector-CT findings of dissecting aortic aneurysum and coronary artery disease. Based on the case of dissecting aortic aneurysum and coronary artery disease.
フルテキストURL 72_055_061.pdf
著者 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 高田 真吾| 横井 正| 中井 睦郎| 槇野 博史| 谷崎 勝朗|
抄録 2000年になり多列検出器高速CT (Multi-detector CT,以下MDCT)が出現し,大動脈疾患や心電図同期での冠動脈狭窄病変診断への臨床応用が開始された.当院でも2001年7月からMDCTが稼動し,日常臨床診療に貢献している. 今回,解離性上行大動脈瘤(DeBakeyII)(以下DAA)と冠動脈疾患(LAD# 7の閉塞)を合併した患者を診療した.MDCTによるCT - Angiography (以下CTA)が両者の診断に非常に有用であった.患者の負担は100mlの末梢静脈内への造影剤の投与と約数十秒間の呼吸停止だけで,解離性大動脈瘤並びに冠動脈狭窄病変の診断にそれぞれ非常に有用であった.三次元診断の鮮明な画像が得られ,かつ低侵襲度のMDCT並びにCTAは,今後益々臨床の場で血管造影検査の強力なファーストチョイスの診療手段になると考える.
抄録(別表記) Multidetector-CT (MDCT) and CT-Angio hase proven to be extremely useful in diagnosis of dissecting aortic aneurysum (DM) and coronary artery disease (CAD) . We report a case of DM complicated with CAD which was diagnosed by new MDCT.
キーワード 解敵性大動脈瘤 (disecting aortic aneurysum) 冠動脈 (coronary artery) 狭心症 (anglna Pectoris) 多列検出器CT(マルチスライスCT) (MDCT) CT血管造影 (CT-Angiography)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 55
終了ページ 61
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308046
JaLCDOI 10.18926/14842
タイトル(別表記) The relationship between the magnetic resonance imaging of the lumbar spine and lowback pain
フルテキストURL 72_066_070.pdf
著者 高田 真吾| 横井 正| 西田 典数| 岡本 誠| 柘野 浩史| 芦田 耕三| 保﨑 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 新谷 憲治| 谷本 光音|
抄録 (目的) MRlは腰痛をきたす疾患の診断に必須な検査法である。腰痛と腰椎MRl所見との関係を明らかにすることを目的として検討した。(対象と方法)腰痛を訴えた30例を対象とし、腰椎MRl所見の頻度を調査した。全例に温泉療法を施行した。  (結果)全症例において腰椎MRl上異常所見を認めた。少なくとも1つ以上の椎間板の変性病変をもつ症例は30例中27例(90% )で、椎間板変性はL4/5levelで最も多く認められた(30例中18例)。椎間板ヘルニア を示す症例は30例中10例(33.3% )であった。神経根圧迫を持つ症例は30例中8例(26.7% )であった。腰椎圧迫骨折を持つ症例は30例中6例(20% )であった。温泉療法により腰痛が改善した症例は30例中17例(56.7% )であった。  (結論)腰痛症患者は腰椎MR止異常所見を有した。温泉療法により腰痛の改善を認めたので、MRL上で認めた形態学的異常は必ずしも機能的異常や症状に直結しないと思われた。
抄録(別表記) (Purpose) Magnetic resonance imaging (MRI) is essential to diagnosis of diseases which happen low back pain. The purpose of this study was to investigate the relationship between low back pain and the characteristics on MRI scans of the lumbar spine. (Materials and Methods) We performed MRI examinations of lumbar spine in 30 patients with low back pain and examined the prevalence of abnormal findings on MRI scans of the lumbar spine in 30 patients with low back pain. (Results) Overall in present study, all patients with low back pain had abnormalities around the lumbar spines on MRI. Disc degeneration was present in one or more lumbar levels in 27 (90% ) of all the subjects. The disc degeneration was most commonly observed at U/LS, where 18 (60% ) of all the subjects displayed evidence of disc degeneration. Disc herniation was found in 10 (33.3% ) of all the subjects. Nerve root compression at one level or more was observed in 8 (26.7% ) of the subjects. Compression fracture at one level or more was observed in 6 (20% ) of all the subjects. Spa therapy improved low back pain in 17 (56. 7% ) of the subjects. (Conclusion) All patients with low back pain had abnormalities around the lumbar spines on MRI. Because spa therapy improved low back pain, morphological abnormalities on MRI scans don't always connect with functional abnormalities and symptoms.
キーワード 腰痛症 (Disc disease) MRl (Magnetic resonance imaglng) 椎間板変性 (Lumbar spine)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 66
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308103
JaLCDOI 10.18926/14987
タイトル(別表記) Clinical effect of spa therapy on lumbargo
フルテキストURL 068_051_058.pdf
著者 岡本 誠| 芦田 耕三| 山本 和彦| 岩垣 尚史| 柘野 浩史| 保崎 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 腰痛症患者12例を対象に温泉療法の臨床効果について検討した。臨床効果の判定は,日本整形外科学会の腰痛治療成績判定基準に基づき,自覚症状,他覚症状,及び日常生活動作などの項目を中心に,治療前後で比較検討した。その結果,自覚症状,日常生活動作,総計では,治療前に比べ治療後に有意の改善がみられた。また改善指数や改善率での検討でも温泉療法の有効性が示唆された。年齢別(60才以上と60才未満),入院期間(80日以上と80日未満)別の 検討では,65才未満の症例,80日以上の入院の症例において,改善指数,改善率が,有意差はみられなかったもののより高い傾向がみられた。
抄録(別表記) Clinical effect of spa therapy was evaluated in 12 patients with lumbargo by a scoring system based on the standard judgement of therapy for lumbargo by Japanese Society of Orthopedics. The score for each category of subjective symptoms, objective symptoms, daily life activity, and disorder of urinary bladder, and total score calculated from each score were compared before and after spa therapy. A significant improvement of subjective symptoms, daily life activity, and total score was observed after spa therapy. However objective symptom was not significantly improved. The effects of spa therapy was larger in patients under age of 65, and in those who had long-term spa therapy more than 80 days during their admission. The results suggest that spa therapy IS effective for patients with lumbargo.
キーワード 腰痛症 (lumbargo) 温泉療法 (spa therapy) 腰痛治療判定基準 (scoring system based on the standard judgement of therapy for lumbargo)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 51
終了ページ 58
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308321
著者 高田 真吾| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 濱田 全紀| 岩垣 尚史| 菊池 宏| 光延 文裕|
発行日 2008-03-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
76巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14841
タイトル(別表記) Two male steroid-dependent asthmatics treated with etidronate
フルテキストURL 72_062_065.pdf
著者 柘野 浩史| 岡本 誠| 高田 真吾| 横井 正| 西田 数典| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 長谷川 寿一| 辻 孝夫|
抄録 男性のステロイド依存性気管支喘息患者にエチドロネートを4年間の長期間にわたり投与した経験を得たので報告する。症例は,男性のステロイド依存性気管支喘息で,エチドロネート200mg/日・14日間投与を4ケ月おきに4年間にわたり反復投与し,活性型ビタミンD製剤 (VD)投与と併用した2例と,活性型VD製剤を単独授与した2例。椎体圧迫骨折数,境骨耗骨密度,海綿骨骨密度,皮質骨骨密度について,椎体X線像,PQCT(Stratec XCT960)を用いて4ケ月毎に測定し,48ケ月後の効果を検討した。エチドロネートを投与した症例1では,総骨密度と海綿骨はやや増加を認め皮質骨密度は減少していた。エチドロネートを授与した症例2では,総骨密度,海綿骨,皮質骨密度はいずれも減少を認めたが,VD単独投与した2例よりもやや減少が抑制されていたようであった。VD単独投与した2例ではいずれの項目も減少を認めた。これらの症例からは,エチドロネートは男性のステロイドによる骨傷害にも有効と考えられたが,現在投与継続途中であり,今後さらに検討を続ける必要がある。
抄録(別表記) We report an experience about administration of etidronate to male steroid-dependent asthmatics for a long time. For 4 years, two men with steroid-dependent asthma were treated with etidronate (200 mg / day, for 14 days) every 4 months and 25-hydroxyvitamin D3 (VD) together, and two patients were treated with VD alone. Vertebral fractures were evaluated by the lateral spinal X-ray films, and radial total bone mineral density (BMD) , trabecular BMD and the cortical BMD were measured by pQCT (Stratec XCT960) every four months. Trabecular and total BMD increased but cortical BMD decreased in the case 1 who was treated with both etidronate and VD. In the case 2 with etidronate and VD treatments, total and trabecular BMD decreased, but reduction of these indices seemed to be more suppressed than that in two patients with VD alone. According to these experiences, etidronate may be effective against the steroid-induced bone injury in men. Since periods treatment are not en-ough long to evaluate therapeutic effect of etid-ronate, we will have to continue the examination of these cases further more from now on.
キーワード エチドロネート 男性 ステロイド 気管支喘息
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 62
終了ページ 65
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308188
著者 横井 正| 千田 益生| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 西田 典数| 柘野 浩史| 岡本 誠| 永田 拓也| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 井上 一|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ 紀要論文
著者 横井 正| 千田 益生| 浜田 全紀| 光廷 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 岩垣 尚史| 永田 拓也| 藤井 誠| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 井上 一|
発行日 2004-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
74巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14985
タイトル(別表記) Dietary supplementation in bronchial asthma. Suppression of the generation of leukotrienes by N-3 fatty acids.
フルテキストURL 068_041_044.pdf
著者 芦田 耕三| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 岩垣 尚史| 谷崎 勝朗| 辻 孝夫| 山本 純子| 沖田 美佐子|
抄録 N-3系脂肪酸の気管支喘息に対する有用性が示唆されているが,その評価は定まっていない。今回,5人の気管支喘息患者に対しN-3系脂肪酸であるαリノレン酸を豊富に含有するエゴマ油を用いた食事療法を行い,臨床症状,ピークフロー値,末梢白血球からのロイコトリエン産生能,血漿リン脂質中の脂肪酸組成につき検討を行った。2週間の食事療法の前後でピークフロー値は有意な改善を示し(p<0.05),カルシウムイオノファー刺激によるロイコトリエン(LT)産生能は治療前後でLTB4が77.6ng/5×106cellsから41.6ng/5×10(6)cells(p<0.05)に,LTC4は64.0ng/5×10(6)cellsから38・8ng/5×10(6)cells(p<0.05)とともに有意な改善を認めた。また血漿リン脂質中のN-3系脂肪酸(αリノレン酸,エイコサペンタエン酸,ドコサヘキサエン酸)も有意な上昇を認めた。以上よりN-3系脂肪酸(エゴマ油)を用いた食事療法の有用性が示唆された。
抄録(別表記) The therapeutic trials using N-3 fatty acids such as fish oil have been reported in patients with bronchial asthma, while its effect is still controversial. The effects of dietary supplementation with perilla seed oil rich in alpha-linolenic acid (α-LNA), parent n-3 fatty acid, were studied in five patients with asthma. The symptoms of asthma and mean peak flow rates (PFR) both early in the morning and in the evening were improved 2 weeks after the dietary supplementation and the increases of peak flow rates were significant (p<0.05). The generation of leukotriene B4 (LB4) by peripheral leukocytes stimulated with Ca ionophore A23187 was significantly suppressed from 77.6 ng/5×10(6) cells to 41.6ng/5×10(6) cells by the supplementation (P<0.05). The generation of leukotriene C4 (LTC4) by leukocytes was also significantly suppressed from 64.0 ng/5×10(6) cells to 38.8ng/5×10(6) cells after the manipulation with perilla seed oil (P<0.05). The concentration of N-3 fatty acids (such as α-LNA, eicosapentaenoic, and docosahekisaenoic acids) in plasma phospholipid increased significantly after the dietary supplementation (P<0.05). These results suggest that dietary supplementation with perilla seed oil is beneficial for the treatment of asthma.
キーワード シソ油 (perilla seed oil) 気管支喘息 (bronchial asthma) ロイコトリエンB4 (LTB4) ロイコトリエンC4 (LTC4) 脂肪酸 (fatty acids)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 41
終了ページ 44
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308166
JaLCDOI 10.18926/14921
タイトル(別表記) Spa therapy for patients with asthma. A study on 437 patients with asthma admitted for last 5 years.
フルテキストURL 070_001_008.pdf
著者 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 高田 真吾| 越智 浩二|
抄録 1994年1月より1998年12月までの5年間に当院へ入院した呼吸器疾患のなかで気管支喘息を対象に,年齢,地域分布などの経年変化について検討を加えた。1.最近5年間に当院へ入院した呼吸器疾患患者は664例で,このうち,気管支喘息は437例(65.8% )であった。呼吸器疾患のなかで気管支喘息に占める割合の経年変化では,1995年度が最も高く(74.4% ),1997,1998年度にはやや低下(ともに60.7% )の傾向が見られた。2.入院患者の地域分布では,鳥取県内からの入院患者に比べ,遠隔地(鳥取県外)からの入院患者が比較的多く,いずれの年度においても50% 以上(平均57.3% )であった。また,岡山,大阪,兵庫,広島,山口,愛媛県などからの入院症例が多い傾向か見られた。3.年齢別検討では,いずれの地域においても,高齢者の入院症例か多く,鳥取県内では70才以上の症例の頻度(平均35.1% )が,また遠隔地(鳥取県外)では60-69才の症例の頻度(平均37.7% )が高い傾向か見られた。
抄録(別表記) The parients with asthma who were admitted at our hospital for last 5 years (1994-1998) were examined in relation to age and areas where patients came. 1. Of 664 patients with respiratory disease admitted for last 5 years, 437 patients (65.8% ) had asthma. The frequency of asthma in all patients with respiratory disease was the highest (74.4% ) in 1995, and decreased in 1997 and 1998 (60.7% ). 2. The number of patients with asthma from distant areas (outside Tottori prefecture) was constantly larger than the number of those inside Tottori prefecture in each year. The number of patients from Okayama, Osaka, Hyogo, Hiroshima, Yamaguchi, and Ehime was larger than the number from other distant areas. 3. Regarding the distribution of age of these patients, the number of patients over the age of 60 was more frequently observed, regardless of the area where patients came. Larger number of patients over the age of 70 (35.1% ) was found in those inside Tottori prefecture, while the number of patients between the ages of 60 and 69 (37.7% ) was larger in those from distant areas.
キーワード 気管支喘息 (asthma) 温泉療法 (spa therapy) 高齢患者 (aged patients) 遠隔地 (distant area)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308420
著者 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 濱田 全紀| 岩垣 尚史| 藤井 誠| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
発行日 2004-12-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
75巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/15092
タイトル(別表記) Spa therapy and drug therapy in patients with bronchial asthma
フルテキストURL 067_107_114.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 横田 聡| 竹内 一昭| 名和 由一郎|
抄録 気管支喘息は,その臨床病態より,Ia.単純性気管支攣縮型,Ib.気管支痙攣縮+過分泌型,Ⅱ.細気管支閉塞型の3つの基本病型に分けることができる。また,発症病態からは,アトピー型と非アトピー型に分けられる。気管支喘息に対する温泉療法や薬物療法の際には,これらの臨床病態や発症病態を十分把握した上で最も適切な治療法を選ぶ必要がある。気管支喘息に対する薬物療法では,気管支拡張薬,去痰薬,抗アレルギー薬,副腎皮質ホルモンなどがその主たるものであるが,特に薬物療法では気管支拡張作用と抗炎症作用が重要である。一方,温泉療法では,気道の浄化作用や気管支粘膜の正常化作用などが得られ,臨床病型では,過分泌型や細気管支閉塞型に対してより効果的である。また,発症病態からすれば,アトピー型ではヒスタミンとロイコトリエンが,非アトピー型ではロイコトリエンがより優勢な化学伝達物質であり,このような発症病態を十分把握した上で,適切な抗アレルギー薬を選ぶ必要が ある。
抄録(別表記) Bronchial asthma can be classified into three fundamental clinical types : Ia. simple bronchoconstriction type, Ib. bronchoconstriction + hypersecretion type and Ⅱ. bronchiolar obstruction type, by clinical pathophysiology. While. bronchial asthma is divided into two types : atopic and nonatopic, by the onset mechanisms of the disease. Spa therapy accompanied with drug therapy should be carried out according to the clinical pathophysiology and the onset mechanisms of the disease. In drug therapy for bronchial asthma, actions of drugs such as bronchodilating and anti-inflammatory actions are more important. While spa therapy is more effective in asthma patients with hypersecretion and bronchiolar obstruction compared to those with simple bronchoconstriction type. In atopic asthma, histamine and leukotrienes are more active in the onset mechanisms of the disease. In contrast, in nonatopic asthma, lrukotrienes are more important. Anti-allergic drugs should be applied for the treatment of asthma on the bases of these findings.
キーワード 気管支喘息 (bronchial asthma) 臨床病型 (clinicaI classification) アトピー型 (atopic asthma) 温泉療法 (spa therapy) 薬物療法 (drug therapy)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 107
終了ページ 114
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307684
著者 市川 裕久| 芦田 耕三| 小野 勝一郎| 高田 真吾| 横井 正| 永田 拓也| 岡本 誠| 柘野 浩史| 西田 典数| 保﨑 泰弘| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 野口 菩範| 谷本 光音|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14994
タイトル(別表記) Three cases of rheumatoid arthritis with biliary tract cancer
フルテキストURL 068_107_114.pdf
著者 岩垣 尚史| 柘野 浩史| 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 岡本 誠| 谷崎 勝朗|
抄録 一般的に,慢性関節リウマチには悪性腫瘍の合併は少ないと言われている。特に,消化器系あるいは胆道系悪性腫瘍を合併したという報告は極めて少ない。我々は慢性関節リウマチの経過中,胆道系悪性腫瘍を合併した3例を経験した。3症例はそれぞれ胆嚢癌,肝内胆管癌,乳頭部癌を合併していた。非常に稀な症例であり,文献的考案を含め報告する。
抄録(別表記) The relationships between rheumatoid arthritis and malignant disease have been a focus of controversy for many years. Many studies of patients with rheumatoid arthritis have found no increases in overall cancer rates. Although significant elevations in rates of lymphoma, myeloma and malignant disease in patients treated with immunosuppressive drugs have been reported, it has been considered that gastrointestinal and biliary tract cancer in patients with rheumatoid arthritis is rare. We recently experienced three cases of rheumatoid arthritis with biliary tract cancer. They were gall bladder, cancer, bile duct cancer and cancer of papilla of Vater. Patients with rheumatoid arthritis should be carefully monitored for malignant disease.
キーワード 慢性関節リウマチ (rheumatoid arthritis) 胆道系悪性腫瘍 (biliary tract cancer) 胆嚢癌 (gall bladder cancer) 胆管癌 (bile duct cancer) 乳頭部癌 (cancer of papilla of Vater)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 107
終了ページ 114
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308182
著者 菊池 宏| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 濱田 全紀| 岩垣 尚史| 高田 真吾| 光延 文裕|
発行日 2008-03-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
76巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14973
タイトル(別表記) Clinical significance of spa therapy in the treatment of patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). A study on 520 patients with COPD admitted for last5 years.
フルテキストURL 068_001_007.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岩垣 尚志| 山本 和彦|
抄録 1992年1月より1996年12月までの5力年間に当院へ入院した慢性閉塞性呼吸器疾患520例を対象に,疾患の種類,年齢,地域分布などについて検討を加えた。1.最近5年間に当院へ入院した呼吸器疾患患者は588例で,このうち,慢性閉塞性呼吸器疾患患者は520例(88.4%)であった。これらの慢性閉塞性呼吸器疾患のなかでは,気管支喘息が433例(83.3%)と最も多く,その他,慢性気管支炎19例,閉塞性細気管支炎33例,肺気腫35例であった。2.慢性閉塞性呼吸器疾患の年齢別検討では,鳥取県内および遠隔地(鳥取県外)いずれの症例においても,60-69才および70才以上の症例が多い傾向が見られた。3.入院患者の地域分布では,鳥取県内からの入院患者に比べ,遠隔地(鳥取県外)からの入院患者がより多く,その分布別検討では,岡山県,兵庫県,大阪腐,広島県,山口県,愛媛県からの入院患者が多い傾向が見られた。
抄録(別表記) The kind of respiratory diseases, age, and areas where patients came from were discussed in 520 patients with chronic obstructive pulmonary diseas (COPD) admitted at Misasa Medical Branch for last 5 years from 1992 to 1995. 1. For the last 5 years 588 patients with respiratory diseases were admitted at Misasa Medical Branch. Of these patients, 520 were those with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). Of the 520, 433 (83.3%) were patients with asthma" 19 with chronic bronchitis, 33 with obstructive bronchiolitis, and 35 with pulmonary emphysema. 2. Regarding the distribution of age of these patients, patients between the ages of 60 and 69, and those over the age of 70 were more frequently observed, regardless of the area where patients came from (inside or outside Tottori prefecture). 3. The number of patients from distant areas (outside Tottori prefecture) was larger than the number of those inside Tottori prefecture. The number of patients from Okayama, Hyogo, Hiroshima, Osaka, Yamaguchi, and Ehime prefectures was predominantly larger than the number from other distant areas.
キーワード 慢性閉塞性呼吸器疾患 (COPD) 気管支喘息 (bronchial asthma) 温泉療法 (spa therapy) 高齢患者 (aged patients) 遠隔地 (distant area)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308043
JaLCDOI 10.18926/14950
タイトル(別表記) Clinical significance of spa therapy in the treatmentof patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). A study on 511 patients with COPD admitted for last 5 years
フルテキストURL 069_001_008.pdf
著者 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 湯本 英一郎| 高田 真吾| 越智 浩二| 原田 英雄|
抄録 1993年1月より1997年12月までの5ヵ年間に当院へ入院した慢性閉塞性呼吸器疾患511例を対象に,疾患の種類,年齢,地域分布などについて検討を加えた。1.最近5年間に当院へ入院した呼吸器疾患患者は594例で,このうち,慢性閉塞性呼吸器疾患患者は511例(86.0%)であった。これらの慢性閉塞性呼吸器疾患のなかでは,気管支喘息が416例(81.4%)と最も多く,その他.慢性気管支炎20例,閉塞性細気管支炎27例,肺気腫48例であった。2.慢性閉塞性呼吸器疾患のなかでは,肺気腫の症例が増加する傾向が見られた。3.慢性閉塞性呼吸器疾患の年齢別検討では,鳥取県内では,70才以上の症例が,また遠隔地(鳥取県外)では60-69才の症例の頻度が高い傾向が見られた。4.入院患者の地域分布では,鳥取県内からの入院患者に比べ,遠隔地(鳥取県外)からの入院患者が比較的多く,その比率は1997年度で48.4%であった。また,その分布別検討では,岡山県,兵庫県,大阪府,広島県,山口県,愛媛県からの入院患者が多い傾向が見られた。
抄録(別表記) The kind of respiratory disease, age, and areas where patients came from were analyzed in 511 patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD) admitted at Misasa Medical Branch for last 5 years from 1993 to 1997. 1.For the last 5 years 594 patients with respiratory diseases were admitted at Misasa Medical Branch. Of these patients 511 (86.0%) were those with COPD. Of the 511, 416 (81.4%) were patients with asthma, 20 with chronic bronchitis, 27 with obstructive bronchiolitis, and 48 with pulmonary emphysema. 2.The number of patients with pulmonary emphysema showed a tendency to increase in recent years. 3.Regarding the distribution of age of these patients, the number of patients over the age of 60 was larger than the number of patients under the age of 59:patients between the ages of 60 and 69 were more frequently observed in those coming from distant area (outside Tottori prefecture), and those over the age of 70 in those coming from Tottori prefecture. 4. The number of patients from distant areas (outside Tottori prefecture) was considerably larger (48.4% in 1997) compared to the number of patients from Tottori prefecture. The number of patients from Okayama, Hyogo, Osaka, Hiroshima, Yamaguchi and Ehime was predominantly larger than the number of patients from other distant areas.
キーワード 慢性閉塞性呼吸器疾患 (COPD) 気管支喘息 (bronchial asthma) 温泉療法 (spa therapy) 高齢患者 (aged patients) 遠隔地 (distant area)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308114
著者 濱田 全紀| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 岩垣 尚史| 高田 真吾| 菊池 宏|
発行日 2008-03-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
76巻
資料タイプ 紀要論文