このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 747
Eprint ID
747
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Investigation of Trafficability of Agricultural Machinery on Reclamation Field
著者
遠藤 俊三 岡山大学
芝野 保徳 岡山大学
近藤 直 岡山大学
抄録
農業機械の利用の立場から干拓畑における機械の走行性を調査するため,SR-2型土壌抵抗測定器を用いて,円錐貫入抵抗試験,沈下試験,剪断試験,摩擦試験ならびにコンシステンシー指数の測定を,暗渠排水を行い,数年聞蔬菜類を栽培した圃場において行った.その結果,畝の溝部においては,貫入抵抗は約10kg/cm2(小コーンで表面下0-15cm),矩形板沈下量は約0.1cm以内(小プレートで荷重30kg),剪断抵抗は約0.5kg/cm2(荷重25kg),摩擦抵抗は約0.25kg/cm2(荷重25kg),コンシステンシー指数は約1.0であり,農業機械の利用はほぼ可能であると言えた。
キーワード
笠岡湾干拓畑
農業機械
走行性
発行日
1988
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
72巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
63
終了ページ
67
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa