このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 53485
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Practice of the 3Rs in Practical Training Using Animals -Preliminary training for the care, handling, injection and dissection of mice and rats-
著者
臼田 俊樹 広島アニマルケア専門学校動物看護コース
古本 佳代 広島アニマルケア専門学校動物看護コース
北 德 倉敷芸術科学大学動物生命科学科
抄録
広島アニマルケア専門学校では、動物看護コース3 年課程(動物看護師志望者と実験動物技術者志望者が混 在)の3 年次に実施する実験動物学実習に際して、動物福祉の観点から動物に与える苦痛を可能な限り少なく できる実施法を模索してきた。実際に生きた動物を用いる実習を行う前に、いくつかの予備トレーニングを取 り入れた3Rs 実践の試みである。具体的には、ケージ取り扱い練習、先鋭器具取り扱い練習のための雑巾縫 製、保定練習を目的とした軟質ボールによる手指トレーニング、自身の皮膚摘まみ練習、鉛筆や鶏手羽先を用 いた注射器具使用練習、そして餃子の皮、鶏皮、鶏手羽先を用いた解剖器具使用練習などである。これらの取 り組みそれぞれが、果たして効果的であるかどうか検証できているわけではないが、学生の取り組みを間近で 観察した立場から、感覚的には効果を実感している。また、予備トレーニングは、動物に与える苦痛を軽減す ることを最大の目標とするものであるが、一方で、動物を用いた実習に臨む学生の心理的準備を促す効果もあ るように感じている。実験動物技術者や動物看護師養成課程、コースが、大学や専門学校に設けられ、そこに 多くの学生が学んでいる現在、動物を用いた実習のプログラムを動物実験倫理・動物福祉の観点からさらに洗 練させることが望まれる。そのプログラムの一部として、われわれの予備トレーニングの取り組みを紹介した。
抄録(別表記)
In order to improve animal welfare through practical training in laboratory animal techniques at Hiroshima Animal Care College, we have been searching for ways to reduce animal suffering caused by such practical training. Students in the Animal Management Department learn to use animals in the practicum of laboratory animal science in their third year. In order to practice the 3Rs (Reduction, Replacement, and Refinement), we have introduced preliminary training before the students work with live animals. Specifically, the following five practices are introduced: 1. Practice of handling cages 2. Practice of controlling fine manipulation by pinching elastic balls and their own skin 3. Practice of sewing a dust cloth by hand, to learn how to handle sharp instruments 4. Practice of injecting chicken wing tips to learn how to inject animals 5. Practice of dissection techniques using thin pastry, chicken skin, and chicken wing tips We have not objectively verified whether these efforts are effective to reduce animal suffering. However, subjectively, we have observed some positive effects on the students. The primary object of this training is to reduce animal suffering. Furthermore, it may promote the psychological preparation of students who will be using live laboratory animals. Currently, training courses for animal technicians and animal nurses are taught at colleges or universities. From the viewpoints of ethics and animal welfare, it is necessary to refine the practical training program to work with live animals. We report our preliminary training as part of the program.
備考
寄稿 (Contributions)
発行日
2015-04
出版物タイトル
岡山実験動物研究会報
出版物タイトル(別表記)
Proceedings of Okayama Association for Laboratory Animal Science
31巻
出版者
岡山実験動物研究会
出版者(別表記)
Okayama Association for Laboratory Animal Science
開始ページ
40
終了ページ
49
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
poalas