このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11325
Eprint ID
11325
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Relationship between Resistance to Cereal Aphids and Gramine Concentration in Beer Barley
著者
積木 久明 岡山大学
笠原 敏彦 岡山大学
兼久 勝夫 岡山大学
Saeid Moharramipour 岡山大学
抄録
To beer barley resistance to cereal aphids, the relationship between the aphid density and gramine concentration was examined in various barley lines including beer barley cultivars. All beer barley cultivars tested were resistant or moderately resistant to the aphids, especially Asahi 5 and Haruna Nijo were similar to a wild line, H603 (W603), for checking resistant. However, these beer barleys contained much less gramine than the wild barley line, suggesting that another resistant factor(s) affects cereal aphid density.
抄録(別表記)
ビールムギを含む各種オオムギへのアブラムシの寄生数と、グラミン含量に注目して実験を行った。用いたビールムギは他のオオムギに比べ、アブラムシに比較的抵抗性を示すものが多く、極端な感受性を示す品種はなかった。特に、アサヒ5号やハルナ2条は野生系統H603(W603)に近い抵抗性を示した。ビールムギのグラミン含量はいずれも低く、アブラムシの寄生密度との間には負の相関が見られなかった。
キーワード
Beer barley
Cereal aphid
Resistance
Gramine
発行日
1996
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
4巻
1号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
43
終了ページ
48
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し