このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11249
Eprint ID
11249
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Effects of Some Factors on Critical Condition of Ice Formation for Flowing Supercooled Water and Water Solution inside Cooled Circular Tube
著者
稲葉 英男 岡山大学
武谷 健吾 岡山大学
抄録
Supercooling characteristics of water and water solution in a forced flow were investigated both experimentally and analytically. The critical conditions of ice nucleation in a cooled circular tube were examined for five sets of tube dimensions under various Reynolds numbers. It was found that the critical degree of supercooling based on the inner wall temperature was independent of Reynolds number in a laminar flow region. However, in a turbulent flow region, it decreased with increasing Reynolds number. An ice nucleation model for the flowing supercooled liquid was developed to predict the critical conditions of ice formation, in which the effects of the flow and temperature conditions, tube dimensions and solute mass fraction were taken into consideration. Nondimensional correlation equations for the critical condition of ice formation were derived in laminar and turbulent flow regions as a function of some nondimensional parameters obtained by analyzing the ice nucleation model.
抄録(別表記)
近年、製氷方法の多様性、輸送性の良さ、融解時の高い負荷追従性の観点から、スラリー状氷に対する関心が増大している。スラリー状氷の有効な形成方法の一つとして、前報において報告した水あるいは水溶液の過冷却状態を利用する方法は、製氷装置も比較的簡単で、将来有望なスラリー状氷の製造方法となる可能性を秘めているが、流動状態にある水あるいは水溶液の過冷却現象に関して、その過冷却安定性および管内での過冷却状態の解消に伴う管内凍結発生条件に影響を及ぼす諸因子の影響について検討するものである。
キーワード
Supercooling Phenomenon
Water
Water Solution
Forced Flow
Ice Formation
備考
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
発行日
1994-10-25
出版物タイトル
日本機械学會論文集 B編
出版物タイトル(別表記)
Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers B
60巻
578号
出版者
社団法人日本機械学会
出版者(別表記)
The Japan Society of Mechanical Engineers
開始ページ
218
終了ページ
225
ISSN
0387-5016
NCID
AN00187441
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002394005/http://ci.nii.ac.jp/naid/110002394005/
言語
Japanese
著作権者
社団法人日本機械学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り