このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16211
Eprint ID
16211
フルテキストURL
Thumnail 97_823.pdf 421 KB
タイトル(別表記)
Clinical evaluation of serum ferritin levels in primary lung cancer patients with radiation therapy Comparing with serum CEA levels
著者
戸上 泉 岡山大学医学部放射線医学教室
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
木本 真 岡山大学医学部放射線医学教室
白神 敏明 岡山大学医学部放射線医学教室
上田 裕之 岡山大学医学部放射線医学教室
佐藤 伸夫 岡山大学医学部放射線医学教室
中村 哲也 岡山大学医学部放射線医学教室
山本 博道 岡山大学医学部放射線医学教室
上者 郁夫 岡山大学医学部放射線医学教室
橋本 啓二 岡山大学医学部放射線医学教室
森本 節夫 岡山大学医学部放射線医学教室
青野 要 岡山大学医学部放射線医学教室
竹田 芳弘 国立療養所山陽荘病院放射線科
抄録
Serum ferritin and serum carcinogenic embryonic antigen (CEA) levels in 153 patients (male: 112, female: 41) with primary lung cancer were simultaneously measured and compared with the histological type, clinical stage and clinical course. No correlation between serum ferritin and CEA levels was found. A higher percentage of positive test results for both serum ferritin and CEA was associated with advanced stages and metastasis in other organs. From the point of view of histological classification, high ferritin levels were mainly found in the patients with small-cell types of cancer. In contrast, high CEA levels were found in patients with adenocarcinoma. Therefore, the measurement of serum ferritin was not efficient as a screening test for lung cancer. Serum ferritin levels were, however, correlated with the efficacy of therapy and the clinical course.
キーワード
原発性肺癌
血清フェリチン値
血清CEA値
発行日
1985-10-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
97巻
9-10号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
823
終了ページ
831
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/97/9-10/97_9-10_823/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma