このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16130
Eprint ID
16130
フルテキストURL
Thumnail 97_101.pdf 3.46 MB
タイトル(別表記)
Early clinical experience with NMR-CT
著者
上者 郁夫 岡山大学医学部放射線医学教室
佐藤 伸夫 岡山大学医学部放射線医学教室
藤島 護 岡山大学医学部放射線医学教室
加地 充昌 岡山大学医学部放射線医学教室
戸上 泉 岡山大学医学部放射線医学教室
新屋 晴孝 岡山大学医学部放射線医学教室
白神 敏明 岡山大学医学部放射線医学教室
山本 博道 岡山大学医学部放射線医学教室
竹田 芳弘 岡山大学医学部放射線医学教室 Kaken ID
木本 真 岡山大学医学部放射線医学教室
橋本 啓二 岡山大学医学部放射線医学教室
森本 節夫 岡山大学医学部放射線医学教室
杉田 勝彦 岡山大学医学部放射線医学教室
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
青野 要 岡山大学医学部放射線医学教室
抄録
We have used an NMR-CT scanner clinically since August 1 1984. We report herein the operating pulse sepuences, and present 5 cases of 226 cases that we have examined. From our clinical experience during the past four months, we describe the advantages and disadvantages of NMR-CT. The advantages are that: 1) it is possible to recognize blood vessels without contrast materials and to evaluate the blood flow 2) there are neither bone nor air artifacts, and 3) it is possible to get the tomogram in any direction. The disadvantages are that: 1) the examination time is very long, 2) there are artifacts from ferromagnetic substances placed in the body, 3) when palse sequence is changed, images are different from each other, and 4) because of respiratory motion artifacts, the images of the chest and abdomen are inferior to those of other parts of the body.
キーワード
nucler magnetic resonance
spin echo
inversion recovery
T(1) relaxation time
T(2) relaxation time
発行日
1985-02-25
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
97巻
1-2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
101
終了ページ
112
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/97/1-2/97_1-2_101/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma