このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11365
Eprint ID
11365
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Modeling of the factors composing the elements of entertainingness in learning.
著者
畑木 紀男 岡山大学
山口 有美 岡山大学
山口 晴久 岡山大学
抄録
本研究は、授業におけるエンタテインメント性(「楽しさ」「没入感」を生み出す要素の総体)を導入するために基礎的段階として「遊び」に関する先行研究の分析・検討と大学生対象アンケートの調査・分析をおこない、学生におけるエンタテインメント性を構成する要因をモデル化したものである。エンタテインメント性を生み出す精神的要因について検討した結果、学習者が授業を楽しみ、熱中するための基本的な視点として「没入感」に着目した。「没入感」を生み出す要因についての先行研究及びアンケート調査を分析した結果、「ストリート性」「連帯意識」「創意工夫する気持ち」「自己効力感」「緊迫感」の5つの因子が抽出された。そして、これらをもとに、授業において学習者が没入する要因をモデル化した。
抄録(別表記)
In this paper, we had a review on the former articles on "playing", and had a survey and an analysis from the questionnaire to college students, as the fundamental step to introducing "the entertainingness" in lesson (a whole elements producing "pleasure", "the feeling of absorbedness" into modeling of factors composing entertainingness in learning.) As a consequence of discussing the spiritual elements that produce entertainingness, we had a direct attention to "the feeling of devotion" as a viewpoint for learners to enjoy and have themselves absorbed in lessons. Moreover, we had a factor analysis on the questionnaire for the factors to produce "the feeling of absorbedness" with the result 5 factors "story", "the sense of common bonds" "the feeling which carries out originality and creativity", "the feeling of self-effect", and "the feeling of tension" were extracted. Based on these results, we had a modeling of the factors for the learners to be absorbed in lessons.
キーワード
エンタテインメント
遊び
没入感
発行日
2004
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
4巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
71
終了ページ
80
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc